機動戦士ガンダム サンダーボルト

漫画
外国語表記 Mobile Suit Gundam Thunder Bolt
著者 太田垣康男
掲載誌 ビッグコミックスペリオール
出版社 小学館
レーベル ビッグコミックスペリオール
発売日 2012年3月
巻数 17巻 (連載中)
テンプレートを表示
OVA
監督 松尾衡
脚本 松尾衡
キャラクターデザイン 高谷浩利
メカニックデザイン 仲盛文、中谷誠一、カトキハジメ
音楽 菊地成孔
制作 サンライズ
発売日 2015年
話数

4話(第1シーズン)

4話(第2シーズン)
テンプレートを表示

概要編集

漫画誌「ビッグコミックスペリオール」で連載されている漫画作品。2015年にはOVAも製作されている。

機動戦士ガンダム』らと同じ宇宙世紀の世界観を元にした作品だが、作中に登場する兵器や艦艇は独自の設定やデザインが盛り込まれ大幅にアレンジされている。既存の設定と変わっている部分もあるため、公式で本作はアナザー宇宙世紀に分類されている。

第1部「宇宙編」は一年戦争末期である宇宙世紀0079年12月が舞台。第2部「地球編」は一年戦争終結から7ヶ月が経った宇宙世紀0080年7月が舞台。第3部「新宇宙編」は宇宙世紀0080年のサンダーボルト作戦以降が舞台。

ストーリー 編集

第1部編集

宇宙世紀0079年、一年戦争中にジオン公国によって破壊されたサイド4のスペースコロニー群「ムーア」の跡地には、帯電したコロニーや戦艦のデブリによって絶えず稲妻が発生し、いつしか『サンダーボルト宙域』と呼ばれるようになった。そして12月。ジオンの補給路となっていたサンダーボルト宙域を奪還するべく、連邦軍は元ムーア市民で構成された「ムーア同胞団」を派遣。宙域の防衛にあたっていた「リビング・デッド師団」との火蓋が切られる。そんな中、ある2人の男が宿命の出会いを果たそうとしていた。戦場にジャズが鳴り響く…

第2部編集

地球連邦軍の勝利で終わった一年戦争。だが、サンダーボルト宙域での激戦でガンダムをも撃破した「サイコ・ザク」によって、リユース・P・デバイスの効果は大いに証明された。戦争終結から7ヶ月。密かに持ち出されていたその悪夢の技術は、地球において「南洋同盟」なるカルト教団の手に渡る。地球連邦軍とジオン残党による、悪夢の奪還作戦が始まった。

第3部編集

タール火山基地での激闘の末、南洋同盟は量産化されたサイコ・ザクMk-IIを宇宙に上げることに成功。その目的は最強兵器ソーラ・レイによる月のアナハイム・エレクトロニクス社殲滅だった。一方、リユース・P・デバイス奪還に失敗し、強襲揚陸艦スパルタンを失った地球連邦軍はモニカ参謀の下、レヴァン・フウの野望を阻止すべく追撃部隊編成し雪辱を誓う。イオとダリル、殺し合う運命で結ばれた2人の闘いの舞台は再び宇宙へ…

登場人物編集

地球連邦軍編集

ムーア同胞団編集

スパルタン編集

ジオン公国軍編集

リビング・デッド師団編集

ジオン残党 (クライバー将軍麾下)編集

南洋同盟編集

レヴァン・フウ
チャウ・ミン

メカニック編集

地球連邦軍編集

第1部編集

第2部編集

第3部編集

ジオン公国軍編集

第1部編集

第2部編集

南洋同盟編集

第2部編集

第3部編集

用語編集

ムーア同胞団
サイド4「ムーア」の戦災難民・志願兵で構成されている部隊。
リビング・デッド師団
ジオン軍のMS部隊。義手・義足を持つパイロットで構成されている。戦後、一部の隊員達が南洋同盟に合流している。
南洋同盟
アジア地域を中核とした仏教系の武装宗教組織。元々は地球連邦軍の一部隊であった。
サンダーボルト宙域
元々はサイド4ムーア」が存在していた中域。雷のような放電現象が起こるためこの名称が付けられた。
リユース・P・デバイス
義手や義足を通じて、脳の思考によってモビルスーツを操縦する技術。

資料リンク編集

リンク編集