リック・ディアス

リック・ディアス
外国語表記 Rick Dias
登場作品
デザイナー 永野護
テンプレートを表示
スペック
開発コード γガンダム
分類 攻撃用量産型モビルスーツ
型式番号 RMS-099
頭頂高 18.7m
全高 21.6m
本体重量 32.2t
全備重量 54.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,833kW
スラスター総推力 74,800kg
装甲材質 ガンダリウムγ
センサー有効半径 11,500m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
主なパイロット クワトロ・バジーナ
アポリー・ベイ
ロベルト
アムロ・レイ
テンプレートを表示

概要編集

アナハイム・エレクトロニクス社の旧ジオン系技術者が開発[1]したエゥーゴ初のオリジナルモビルスーツ。第2世代モビルスーツの代表的な存在であり、ドム系列とガンダム系列の技術を融合させた機体。本来の型式番号はMSA-099だが、地球連邦軍の目からエゥーゴの動向を欺くためにRMS-099とされた。

機体にはクワトロ・バジーナを通じてアクシズから提供された技術も投入されており、機体構造はガザCのブロック構造を発展させたブロックビルドアップ構造[2]を採用している。頭部センサーにはガザ系の大型モノアイタイプを装備。これは広角・魚眼レンズ的な視覚補正を行って全天周囲モニターの投影補佐を行う高性能さを有し、更にモノアイをレールで移動させる機構が無い分整備性にも優れる。

装甲材はガンダリウムγを使用しており、これによって既存装甲と同程度の強度を数分の1の厚さで得られる為、機体の大幅な軽量化やプロペラント積載量の飛躍的な増加、機体の高機動化に繋がっている。また、背部にバインダーが装備されており、機体の軽量化と合わせて運動性の向上を実現している。

装甲材にガンダリウムγを採用した事から開発時はプロトタイプ・リック・ディアスも含めて「ガンマガンダム」のコードネームをエゥーゴ指導者ブレックス・フォーラ准将から与えられていたが、クワトロは「その外見は先代のガンダムに申し訳ない」と難色を示し、ガンダムよりも相応しい機体名として、宇宙用の機体を意味する「リック」と喜望峰の発見者「バーソロミュー・ディアス」[3]に因んだ「リック・ディアス」を提案しエゥーゴ側もそれを受け入れプロトタイプ共々正規機体名として命名し刷新された。

当初は赤いカラーリングのクワトロ用の先行量産機[4]と黒いカラーの一般機が存在していたが、クワトロが百式に乗り換えて以降はクワトロの活躍にあやかり一般機の大半も赤いカラーリングに変更された[5]

ガンダムMk-IIと比べても互角と言われる程の優れた性能を秘めており、ティターンズの新鋭モビルスーツとも対等に渡り合っている。技術的にはガンダムMk-IIと対称的な部分が多い為かMk-II開発者の一人であるフランクリン・ビダンは自分の開発したMk-IIよりこちらを褒める様な発言をしており、性能は両陣営の技術者が認める所であった。しかし生産コストが高く、量産は士官用の少数に留まっている。

登場作品と操縦者編集

機動戦士Ζガンダム
クワトロ・バジーナアポリー・ベイロベルトらが搭乗。第1話から終盤まで登場し、エゥーゴを象徴するモビルスーツとして活躍した。ロベルト戦死後はアーガマにアポリー率いるリック・ディアス隊が結成されている。なお、続編の『ZZ』でもアーガマに搭載している姿が数カット登場するが、出撃することはなかった。
序盤ではクワトロ、地上編ではアムロが搭乗しており、長いガンダムの歴史の中で、アムロシャアが共通して搭乗した事がある初のMSとなった。
ガンダム Gのレコンギスタ
第2話に登場。キャピタル・ガード養成学校の学術研究ライブラリー内に前世紀のクラシック・コレクションの1つとして展示されていた。
ガンダムトライエイジ
カード「BG3-005 ガンダム試作2号機」にガトーの搭乗機と思わしき青と緑に塗られた機体が描かれている。
機動戦士ガンダムNT (漫画版)
第13話~第14話でコロニー・メーティスのコロニー防衛隊の1機として登場する。シナンジュ・スタインと交戦するも至近距離からのバルカン砲を受け撃墜された。ただ、撃墜の描写に監修ミスと見られる箇所が見られる(余談の項を参照)。

装備・機能編集

特殊機能編集

ブースターバインダー
背部クランクマウントに装着されるバインダー。バーニア、プロペラントタンクを内蔵し、AMBAC肢としても動作する。状況に応じて分離が可能で、シールドや投擲武器としても使用可能。『Ζ』第13話ではロベルト機が投擲武器として用いている。
マルチプル・ディスチャージャー
指の付け根にある多目的ランチャー。トリモチやダミーバルーン、信号弾等を発射可能。

武装・必殺攻撃編集

バルカン・ファランクス
頭部に連装機銃として内蔵設置されている近接防御実体弾火器。使用時はカバーを開く。
ビーム・サーベル
腰部に1基マウントしているエゥーゴ規格のビーム近接白兵武装。
BP-L-86ビーム・ピストル
背部「ライドレーザーラック」に2挺マウントされている[6]ビーム射撃火器。ラック収納状態のまま手に持たずに背面に発射する事もできる。百式のライフルと同型のエゥーゴ規格スネイル型Eパックが採用されている。
一応、劇中本編では手持ちか収納状態でしか装備された事は無いが、隠された装備パターンとして「二挺を連結し前腕部に嵌め込んで装備する」事も可能と言われている。
AE/ZIM.C-BAZ-531 300mmクレイ・バズーカ
本機の主兵装の実体弾バズーカ。敵機そのものの破壊ではなく内部メカの破損等を目的とした粘着榴弾を普段は使用しており、散弾等様々な弾種を発射でき通常弾[7]も発射可能。カートリッジ弾倉方式の為リロードも容易。
ビーム・ライフル
ガルバルディβの武装だが鹵獲品なのか本機が使用しているシーンがある。

対決・名場面編集

機動戦士Ζガンダム編集

アッシマー
第16話「白い闇を抜けて」にて。ブラン・ブルタークのアッシマーに対し、カミーユガンダムMk-IIアムロのリック・ディアスが交戦する。この戦闘はアムロの搭乗するリック・ディアスの独壇場で、アムロの優れた技量がブランのアッシマーを追い詰めていく。最後にブランはカミーユのMk-IIに取り付き、ビームサーベルを奪ってカミーユを道連れにしようとするが、アムロがアッシマーの右腕を切断し、胸部にサーベルを突き刺して撃墜。ブランは「アッシマーがぁ!!」と叫んで戦死している。

関連機体編集

別仕様・パーソナルカスタム機など 編集

リック・ディアス[シュトゥッツァー]
試作された追加装備「シュトゥッツァー・ユニット」を装着した機体。
リック・ディアス[デルフォイ所属機]
サラミス改級デルフォイに配備された機体。バインダーが両腕にも装備されている。

系列機・派生機など 編集

プロトタイプ・リック・ディアス
本機の試作型。
シュツルム・ディアス
リック・ディアスの強化型。一説には強襲型として開発されていたと言われている。
リック・ディアスII
本機の性能向上を目指して開発された機体。
レッテン・ディアス
本機をニュータイプ専用に改修した機体。
リック・ディアスS
強化型バックパック「Dディフェンサー」との合体機能を有する試作機。
スーパーディアス
リック・ディアスSとDディフェンサーの合体形態。
ディジェ
リック・ディアスを基に、カラバが独自開発した機体。
リック・ディジェ
ディジェの宇宙用改修機。本機のバインダーの発展型を装備している。

開発関連の機体 編集

ガンダム試作2号機
本機の開発データがリック・ディアスに活かされている。
ドワス改
一年戦争後、AE社に渡った本機が上述のプロトタイプ機を経て本機リック・ディアスの原型になったとされている。
ネモ
本機と百式の開発を経て設計された基本フレームを採用している。肩部形状に類似点が見られる。

その他 編集

グラ・ディアス
宇宙戦国時代のミキシングビルドモビルスーツの1機。本機の上半身が使用されているが、センサーは頭頂部に別の物が備わっている。
ブレイク・ディアス
ガンダムブレイカー3』に登場する本機のビルドカスタム機。
ビルドΓガンマガンダム
ガンダムビルドダイバーズ ブレイク』に登場する本機のビルドカスタム機。

余談編集

  • イジェクションポッドを兼ねた頭部コックピットを有する本機だが、『Ζ』劇中ではどういう訳か、胴体に直撃弾を受けたのにも関わらず脱出機能が作動しないまま機体ごと爆散する描写が多々見られる[8]。劇中で唯一、脱出描写が描かれたのはエマ機(第21話)のみである。
  • 月刊ガンダムエース2020年4月号に掲載された機動戦士ガンダムNT (漫画版)第14話においてシナンジュ・スタインと交戦し、撃墜されるシーンがあるのだが、明らかにコクピットが胴体にあるような描写で描かれてしまっている[9]。同作では同様にディジェのコクピットも胸部にある描写がなされており、おそらく監修ミスの可能性が高い。この事はネット上でも指摘されており、これを受けて同誌の2020年8月号では大森氏がコメントで単行本で修正する旨を伝え、実際の単行本では胴体を攻撃するコマを切り詰め、隣に頭部を続けて攻撃するコマが追加された。

商品情報編集

ガンプラ編集

フィギュア 編集

リンク編集

脚注編集

  1. 正確には同社グラナダ工場のZIONIC系開発陣(第2開発事業部)と先進開発事業部(クラブ・ワークス)の共作。
  2. ムーバブルフレームとはコンセプトが一致している為「最初期のムーバブルフレーム」と解説される事もある。
  3. この名前にはエゥーゴの活動が折り返し地点に到達したという意味が含まれている。
  4. この「先行量産機」は機体構造の一部を変更しチューンナップが施されており一般機に比べ性能が若干上回ると一部資料で解説されている。
  5. 全機がリペイントされた訳ではなく、黒カラーの機体も一部で運用されている。また、パイロットや部隊毎にパーソナルカラーを採用した機体も存在する。
  6. マウント時はEパックへの粒子リチャージも行われる
  7. 一部資料で「通常弾=HEAT弾」と解説されている。
  8. フランクリン・ビダンロベルトアポリー・ベイバッチが該当。
  9. 流れとしては「シナンジュが頭部を抑える→胴体を頭部バルカンで攻撃→パイロットが蜂の巣に→沈黙」。また、ガンダリウムγ製の装甲が頭部バルカンでいとも容易く撃ち抜かれるという描写にも疑問点が見られる。