メインメニューを開く
ジム・トレーナー
外国語表記 GM TRAINER
登場作品
テンプレートを表示
スペック
分類 教習用モビルスーツ
型式番号 RGM-79T
頭頂高 17.8m
全高 17.8m
本体重量 40.5t
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン系合金
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット 連邦軍一般兵
テンプレートを表示

概要編集

地球連邦軍の教習用モビルスーツ

一年戦争期、ルウム戦役によるパイロットの減少や、戦争が戦艦と戦闘機の艦隊戦からモビルスーツ同士の白兵戦へ移行したことなどが原因で、モビルスーツパイロットの練度不足が深刻な問題となっていた。また各種ジム系機体の配備も始まっていた為よりジムに合わせたMSパイロットを育成する必要も有りそれ等の問題を解消すべく、戦闘訓練用に本機が開発された。機体色は黄色[1]

本機の特徴として、複座式のコックピットを採用しており、教官が同乗できるようになっているほか、教官側(パイロットから見て左)のコックピット前面はガラスになっているので、肉眼で外の様子が把握できる。機体性能はジムとほぼ変わらないが、コスト削減のため多くの武装が除外、装甲も質の低い材質のため、とても実戦での使用に耐え得る様な機体ではない。

アーケードゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』では、最初から使える新兵用のモビルスーツとして誰もが一度は乗る機体である。性能こそ抑えられているものの、100mmマシンガンやハイパー・バズーカ、ハンド・グレネイドが使用できる他、装甲もジムと比べてわずかに低い程度と、設定に反して戦闘能力のある機体となっている。が、全機中最低の性能であることには変わりはない。

…はずが、佐官・将官クラスの実力を持ったプレイヤーがサブアカウントをつくり、低階級のプレイヤーとマッチングする際、まるで一部の人間のみ超高性能な本機が至急されたのでは…と思うほどの鬼神のごとき活躍を見せ、ザクIIグフドムなどを蹂躙する。

登場作品と操縦者編集

装備・機能編集

武装・必殺攻撃編集

ビーム・スプレーガン
設定のみ。
ビーム・サーベル
バックパックに1本装備。

対決・名場面編集

関連機体編集

ジム
原型機。
ザニー
先任機。
ジム・カナールジム・カンヌ
ジム改をベースとした教習用モビルスーツ。
ザク・トレーナータイプ
ジオン軍の教習用モビルスーツ。

商品情報編集

リンク編集

脚注編集

  1. 書籍『MSV THE FIRST』内の小田雅弘氏のコメンタリーによると、ジム・スナイパーカスタムジム・ライトアーマーを含めて特撮作品『トリプルファイター』を意識したカラーリングとのこと(トリプルファイターはグリーンファイター、レッドファイター、オレンジファイターの3人で構成されている)