メインメニューを開く

サナリィ(S.N.R.I.)編集

機動戦士ガンダムF90」、「機動戦士ガンダムF91」、「機動戦士クロスボーン・ガンダム」等に登場する組織。

旧西暦時代のスペースコロニー開発企業「宇宙島建設企業連合体(正式名不明)」を前身とする半民・半官組織。宇宙世紀改暦後、地球連邦軍による買収と再編成を経て連邦所属の公社「戦略戦術研究所」となった。戦略戦術研究所は地球連邦政府や地球連邦軍へ軍事面での出費や技術開発を提供し、連邦へ大きく貢献。宇宙世紀93年に連邦軍直轄の「海軍戦略研究所(Strategic Naval Research Institute)」として再編された。

宇宙世紀0102年、サナリィは大規模戦乱の終結に伴う軍事費削減を提案し、その一環として「モビルスーツの小型化」を提出した。連邦軍はこの提出案を実行に移し、当時連邦軍のモビルスーツ開発を一手に引き受けていたアナハイム・エレクトロニクス社に小型モビルスーツの開発を発注。その5年後にヘビーガンがロールアウトするが、ヘビーガンはサナリィの提唱した小型モビルスーツの要求スペックを満たしておらず、この結果に苛立ちを募らせたサナリィは、自社によるモビルスーツの独自開発を決断した。

宇宙世紀0109年にアナハイムによるMS市場の独占を危惧する連邦政府の後押しもあり、小型モビルスーツ開発計画「フォーミュラ計画」をスタート。そして、宇宙世紀0111年にガンダムF90を完成させた。F90は連邦軍の次期主力機トライアルでアナハイムのMSA-120に勝利した事で小型MSの有用性とサナリィの技術力をアピールし、以後連邦軍の主力モビルスーツ「ガンダム」の開発はサナリィがその一任を得た。

しかし、連邦軍上層部はアナハイムとの関係悪化を恐れ、積極的にサナリィとの技術交流を図っている[1]。当初は互いに腹の探りあいを行う険悪な仲であったが、宇宙世紀0130年頃には互いの技術が同水準に追いついた事もあり、交流を深めたとされるが、不明な点が多い[2]

なお、宇宙世紀140年頃にザンスカール帝国が建国した際には、サイド2支社が連邦駐留部隊と共にベスパとして再編され、帝国の主力MSの開発に尽力した[3]。一方で、ザンスカールに反発した本社・支社のスタッフがリガ・ミリティアに合流しており、結果同一組織の技術者が敵味方に分かれて兵器開発を行う構図が形作られた。

サナリィのMSは上腕や大腿部など、曲面を取り込んだデザインのMSが多い。先進技術の開発と研究に力を注いでいる[4]ものの、所謂「技術屋」として開発機の性能を追求する性分が強く、機体の生産性や信頼性、そして純粋な工業生産力についてはアナハイムに譲る。

登場作品編集

機動戦士ガンダムUC
小型特殊MSとしてロトを開発・生産。熱核融合炉のダウンサイジングに成功しているが、出力はザクIIと同程度。
機動戦士ガンダム Twilight AXIS
グリプス戦役後期にガンダムAN-01"トリスタン"を入手。しかし、パイロットであったクァンタン・フェルモの叛乱にあい機体は強奪され、その後ブッホ・コンツェルンが確保した同機はバーナムによりアクシズの捜索任務に投入され、サナリィも秘密裏に同計画に参画している。
機動戦士ガンダムF90
ガンダムF90を開発。1号機、2号機による訓練中にオールズモビルによって2号機が強奪された事を契機に第一次オールズモビル戦役が勃発。2号機は火星での戦闘で連邦に回収され、その後ガンダムF90IIへ改装された。
機動戦士ガンダムF90FF
『ガンダムF90』以前のF90の開発の様子が描かれている。2号機の試験中にランデッガー重工の介入を受けた。
機動戦士ガンダムF91
ガンダムF91を開発。モニカ・アノーによって開発されたバイオコンピューターは、彼女の息子シーブックによって性能を発揮している。
機動戦士クロスボーン・ガンダム
F97を開発し、全4機をデータ収集目的で宇宙海賊クロスボーン・バンガードに譲渡。内1機は輸送中の事故により喪失、X2は木星帝国に鹵獲された上で撃墜され、X3もディビニダドとの戦闘で失われた。残存したX1は改修を受けながら海賊の戦力として継続運用された。F97の量産モデルであるフリントも開発しているが、F97諸共海賊によって地球圏で運用された[5]事が連邦の知る所となり、海賊との関係追及を避ける為にF97は不採用となった。
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
F97のパーツを流用し、初のミノフスキードライブ搭載型MSであるF99レコードブレイカーを開発。月面工場でテストを行っていたが、神の雷計画を進める木星帝国の襲撃を受け、生産工場及び試作機は全て破壊された。
機動戦士Vガンダム
サイド2支社がザンスカール帝国に吸収されている。一方で、帝国に反発した元スタッフがリガ・ミリティアに合流し、Vガンダムを開発した。

関連人物編集

主な開発モビルスーツ編集

既存機種の改修型編集

RGM-89系
RX-78系
D系機体
  • D50C ロト(F5系統の基になった機体)

F系機体(フォーミュラ計画/フォーミュラプロジェクト)編集

※次期主力機開発計画「フォーミュラ計画」で開発された機体にはFのコードが付けられる。

F5系(AFV型MS)
F7系(中距離支援用MS)
F8系(汎用量産型MS)
F9系

リガ・ミリティア系機体編集

E系機体
V系機体

関連用語編集

脚注 編集

  1. GキャノンのOEMなどがその一例。
  2. リガ・ミリティアの機体はサナリィの技術にアナハイムの生産力が組み合わさった物であるとされている。
  3. マリア主義に賛同するスタッフも多く、徴用そのものは強制ではなかったとされる。
  4. ヘビーガンがあくまで既存のMSをそのまま小型化した物であるのに対し、サナリィは新技術の積極的採用によるMSの構造の根本的な見直しを提言している。
  5. 辺境である木星で運用していれば連邦側からのお咎めはなかったものの、結果的に戦線が地球に及んでしまっている。
  6. ガンダムF90のプロトタイプとして逆算的に位置づけられたナンバリングの為、実際のF8系とは系譜が異なる。
  7. 『グレートメカニック.DX 7(2008 winter)』内でのインタビューで機動戦士Vガンダムの文芸設定を担当したサンライズ企画室室長の井上幸一氏が「サナリィはサナリィで、F91のような特殊な機体ではなくもっと汎用性のあるMSとして、ヴィクトリーやガンイージ(紙面でガンイージーと誤表記をしている)といったMSを作っています。」と述べている。
  8. 『ニュータイプ100%コレクション21 機動戦士VガンダムVOL.1 ÜSO'S BATTLE』角川書店、58頁。

リンク編集