宇宙海賊クロスボーン・バンガード

宇宙海賊クロスボーン・バンガード( Space Pirate Crossbone Vanguard )編集

宇宙世紀0120年代後半、ベラ・ロナによって宇宙海賊としての活動を再開したクロスボーン・バンガード。他勢力からは「海賊軍」とも呼称される。

地球侵攻を企む木星帝国の野望を阻止すべく、サナリィよりクロスボーン・ガンダムシリーズを譲り受け、マザー・バンガードを母艦としてゲリラ活動を行った。地球圏では地球侵攻計画発覚以前の木星側の公式発表のみがマスコミに流されていたため、「ガンダムタイプのMSを使って木星の輸送船を襲う宇宙海賊」として認識されていた。

人員や資金を集める目的で貴族主義者を頼っており、その関係から「クロスボーン・バンガード」を名乗っているが、組織の直接的な母体はベラ・ロナ率いる反貴族主義者であり、旧クロスボーン・バンガードとは理念を異にしている。

その性質上、構成員の中にはコスモ貴族主義に傾倒している者も多く、木星帝国討伐という目的のために呉越同舟的な組織となっている。

木星でのゲリラ活動と情報収集によって帝国の本拠地が木星の衛星イオにある事が判明。クラックス・ドゥガチを討ち果たすが、それはドゥガチの人格をコピーしたバイオ脳の内の一つであり、既に木星帝国本隊は地球へ向けて旅立った後であり、クロスボーン・バンガードもこれを追撃するが、その最中にザビーネ・シャルとそれに同調した貴族主義者が反乱を起こし、地球圏へ到着した後も地球連邦軍と木星帝国の立て続けの攻撃によって疲弊し、旗艦であるマザー・バンガードの自沈によって生き残ったメンバーは各地に散り散りとなった。

その後、木星戦役の本格化によって地球全土が核攻撃の危機に瀕した際にキンケドゥ・ナウと彼に協力していたサナリィによってかつてのメンバーが再集結し、固形燃料ロケットとビーム・シールドによる大気圏突破によってジュピトリス9を強襲。その後地球攻撃の為に単身地球へ降下したドゥガチをトビアとキンケドゥが撃破した事で木星戦役を終結させた。

木星戦役後、残ったメンバーはブラックロー運送に身を寄せてコロニー間のトラブル解決や木星帝国残党との戦闘を繰り返したが、木星帝国が新総統を得て神の雷計画を発動している事をキャッチし、それに対抗する為に鋼鉄の7人作戦を決行。限られた時間で作戦に必要なメンバーを集めつつイカロスを捜索し、木星へ直接侵攻して計画を破綻させた。

鋼鉄の7人作戦では、持てるリソースをその一点に集約した為、虎の子のモビルスーツを失っており、残ったメンバーは表の顔であるブラックロー運送の事業に集中する事になった。

登場作品編集

機動戦士クロスボーン・ガンダム
宇宙海賊クロスボーン・バンガードが登場。
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
宇宙海賊クロスボーン・バンガード残党 (ブラックロー運送)が登場。
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
引き続き残党 (ブラックロー運送)が登場。

主な関係者編集

宇宙海賊クロスボーン・バンガード編集

宇宙海賊クロスボーン・バンガード残党 (ブラックロー運送)編集

クロスボーン・バンガード (蛇の足)編集

保有戦力編集

宇宙海賊クロスボーン・バンガード編集

艦船編集

モビルスーツ編集

宇宙海賊クロスボーン・バンガード残党 (ブラックロー運送)編集

艦船編集

モビルスーツ編集

その他編集

関連用語編集

クロスボーン・バンガード
母体となった旧組織。
ブラックロー運送
海賊軍の残党組織が経営する運送会社。コロニー間のトラブル解決の為に海賊としての活動を再開する。
蛇の足
木星共和国の特務部隊。地球圏での任務の為に敢えて木星の敵である「クロスボーン・バンガード」を名乗った。
ユピテル財団
木星共和国に存在する団体。「蛇の足」の所属先。
木星戦役
『クロスボーン・ガンダム』で起きた木星帝国との戦い。
鋼鉄の7人
『鋼鉄の7人』で木星帝国の「神の雷計画」を阻止するべく実行した作戦。

リンク編集