メインメニューを開く

概要編集

サナリィアナハイム・エレクトロニクスから無償譲渡されたジェガンJ型をベースに改修したモビルスーツ。機体名称の「ST」は「センサーターレット(Sensor Turret)[1]」または「ストラテジックトレーナー(Strategik Treaner)[2]」の略である。ガンダムF90のデータ収集及び試験空域の早期警戒を目的として開発された。

頭部のゴーグルセンサーは大型化しており、大型レドーム、各種センサー、カメラが追加されている。武装はそもそも非戦闘用途である事とセンサーへの影響を考慮して自衛レベルの実体弾系の物しか装備されていない為、火力は低下してしまっているが、サナリィにより大幅に改修されているため機体の基本性能は高くなっている。高価な観測センサー類を多数装備した機体であるため製造コストはジェガンJ型8機分と高価である。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダムF90
ナヴィの搭乗機として登場。F90の試験データの収集を主任務としていた。火星に降下後、オールズモビルの奇襲を受け機体は破損し行動不能に陥り、そのまま鹵獲されてしまう。その後、火星基地に留置されるが、直後の連邦軍との戦闘で基地が崩壊したため、本機も同時に失われたものと思われる。これ以外にはガンプラ「1/100 ガンダムF90II-Lタイプ」の組立説明書の挿絵に青い機体が描かれている。

装備・機能編集

武装・必殺攻撃編集

90mmマシンガン
速射性に優れた実体弾射撃火器。『F90』作中では未装備。
ハンド・グレネード
両腰に3発ずつ合計6発搭載されている特殊擲弾。後部に推進器があるため手に持たずに直接発射も可能。

対決・名場面編集

関連機体編集

ジェガンJ型
原型機。
EWACジェガン
本機と同様、早期警戒を目的とするジェガン。

商品情報編集

リンク編集

脚注編集

  1. 書籍「B-CLUB」66号
  2. 書籍「ENTERTAINMENT BIBLE.46 機動戦士ガンダム MS大百科 PART.7 デラーズ紛争編〈下〉」