メインメニューを開く

アクシズ(Axis)編集

アステロイド・ベルトに位置するジオン軍の小惑星基地および同基地を拠点とするネオ・ジオン軍(ハマーン軍)の通称。

小惑星アクシズ編集

木星火星の中間に位置するアステロイド・ベルトに存在するジオンの小惑星基地。宇宙世紀0072年にジオン共和国が資源採掘基地として徴用したのが始まりとされる。くり抜かれた内部にはデギン・ソド・ザビと結託した宇宙資本系の統合企業体によって巨大プラントが設置された。この計画はコードネーム「アクシズ」と呼ばれ、それがそのまま小惑星の名称として用いられるようになった。

上部には居住区画として用いられる球状の小惑星「モウサ」が接続されている。これはジオンの逃亡艦隊を受け入れる際に接続された物であり、アクシズ発祥の地、組織としての象徴とも呼ばれている。

核パルスエンジンによる独力での移動が可能であり、グリプス戦役時には単独でアステロイド・ベルトから地球圏への移動を行っている。また、単独での移動能力を有していた事から戦略級の質量兵器として用いられており、アクシズはグリプス戦役と第二次ネオ・ジオン抗争で二度質量兵器として用いられた他、第一次ネオ・ジオン抗争時にはモウサも質量兵器として使用された。

一年戦争後、ドズル派のジオン逃亡艦隊がこの基地に逃れた事から一年戦争後最大のジオン残党組織の拠点として扱われるようになった。

第一次ネオ・ジオン抗争ネオ・ジオンが敗退した後は連邦政府によって管理されていたが、シャア・アズナブル率いるネオ・ジオンに政治的に譲渡され、地球寒冷化作戦に用いられている。その際、ロンド・ベル隊の破壊工作によってアクシズは二分されたものの、後方は地球への落下コースを辿る。しかし、νガンダムサイコフレームが発生させたサイコフィールドによって地球への落下軌道を離脱。その後も地球圏からの離脱コースを取り続け、最終的に地球圏から離脱した。

アクシズ(組織) 編集

一年戦争後に地球圏から逃れたジオン残党艦隊[1]の大半が小惑星アクシズに集結し結成したジオン残党勢力。ドズルの遺児ミネバ・ラオ・ザビを女王として擁立しており、ジオン公国の正当組織を自称している。

宇宙世紀0081年にミネバを擁する3万人規模の艦隊を受け入れたが、当時のアクシズにはそれだけの人員を収容出来るだけの能力はなく、それ以降もアクシズへの人口流入[2]が続いた為、マハラジャ・カーンを中心にアクシズの要塞化とモウサの拡張が行われた。

マハラジャの死後はその娘のハマーン・カーンミネバ・ラオ・ザビを擁してアクシズを地球圏に帰還する方針が固められ、同時にガンダリウムγの研究や各種兵器開発等を進めている。

地球圏への帰還と同時にグリプス戦役に参戦し、エゥーゴティターンズとの三つ巴の戦闘を繰り広げつつも戦力を温存。続く第一次ネオ・ジオン抗争ネオ・ジオンに改称して連邦に宣戦布告した。

登場作品編集

関連用語編集

リンク編集

脚注編集

  1. ア・バオア・クー戦に参加した部隊の他、ジオン本国、グラナダで防衛を担っていた部隊も含む。
  2. ジオン共和国からの亡命者やアクシズの噂を聞きつけた残党部隊等。