メインメニューを開く
ヘビーガン
外国語表記 Heavy Gun
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-109
全高 15.8m
本体重量 9.5t
全備重量 23.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,870kW
スラスター推力
  • 21,250kg×2
  • 9,940kg×4
スラスター総推力 82,260kg
アポジモーター数 59
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要編集

サナリィが提出した「モビルスーツの小型化」の案を地球連邦軍が受け入れ、その試作機としてアナハイム・エレクトロニクス社に開発を依頼して完成した機体。15mサイズを基本とした第二期モビルスーツの最も初期の機体となる。

ジェガンの機能を小型化する方向で開発されており、ジェネレーター等の部品はジェガンからの流用であるものの、出力や推進面、及び装備拡張機能ではジェガンを上回っており、小型モビルスーツの有用性を実証する形となった。しかし、当時のアナハイムはMSの小型化に消極的であり、ヘビーガンはサナリィの要求を満たすだけの性能は備えておらず[1]、サナリィはアナハイムへの開発委託から自主開発への道を切りべくフォーミュラ計画を始動する事になった。

サナリィの評価に対し、連邦軍では当時のジオン残党の掃討を主目的とした次世代の小型モビルスーツ開発までの埋め合わせとして量産が決定し、第二次オールズモビル戦役[2]では同期のGキャノンと共に十分な働きを示した。一方で、コスモ・バビロニア建国戦争では後発機であるクロスボーン・バンガードの量産機群と比べると出力や運動性能、ビームシールドの未装備など性能面での劣勢を覆す事が出来ず[3]、この頃になると現地のパイロットからも「ジェガンと大差無い」と不評を買った。

配備数は多く、整備性も高い機体の為、宇宙世紀0130年代でも主力モビルスーツとして勤め、後年の宇宙世紀0153年には地球連邦軍から払い下げられたヘビーガンがマケドニア政庁やネオ・テキサスコロニーなどに配備されている。

登場作品編集

機動戦士ガンダムF90FF
第1話から登場。第13実験戦団の機体はリゼルとの模擬戦で、小型機ゆえの機動性を活かしこれを圧倒。ガンダムF90-Eタイプの電子支援があったとはいえ、従来のガンダムシリーズにない戦いぶりを見せた。
機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122
後半ステージからジェガンに代わる味方機として登場する。…が、これといって能力面で変化は無く、相変わらずの壁役である。
機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
漫画版第10話に1コマのみ登場したが、直後にビギナ・ゼラによって撃墜されている。小説版では一般機種と重装攻撃型が登場する。
機動戦士ガンダムF91
初登場作品。ビルギット機(24番機)を初めとして多数の機体が登場する。クロスボーン・バンガードの機体には歯が立たず撃破されている。ビルギット機はガンダムF91との連携もあって善戦したものの、最終的にバグによって撃墜された。
機動戦士クロスボーン・ガンダム
連邦軍の主力モビルスーツとして登場する。後継作品ではジェムズガンとの機種転換が進み姿を消している。

装備・機能編集

武装・必殺攻撃編集

バルカン砲
頭部に左右一対二基内蔵。
ハンドグレネード
両腰に各4発装備。マニピュレーターによる手動投擲も装備位置からの自力推進発射も可能。コロニー内での戦闘を考慮し、威力が抑えられているため、対MS戦ではあまり効果が期待できない物となっている。
ビーム・ライフル
重厚で肉厚のブルバレル構造を採用している当時の連邦軍機標準ビーム・ライフル。サブセンサーも用意されコロニー内での使用に適した低出力リミッター機能[4]を採用している。非使用時は腰リアアーマーのマウントラッチに懸架される。
ビーム・サーベル
標準的な近接白兵戦用の武装。手首を回転させることでビーム・シールドの様に扱う事ができる。なお、サーベルラックの位置が設定されておらず、サーベルの本数も資料によって1~2本とバラつきがある。
シールド
実体式の防御兵装。Eパック搭載機能などの付加機能は無いシンプルな物。手部携行グリップは備えず前腕部マウントへの直接装着のみの形式。
ビーム・ライフル (ジェムズガン用) / ビーム・シールド
『クロスボーン』第5巻第3話の1コマにて量産型クァバーゼに撃墜された機体が装備。

対決・名場面編集

機動戦士ガンダムF91 編集

バグ

機動戦士ガンダムF90FF 編集

リゼル
第1話より、ガンダムF90-Eタイプの運用試験を兼ねた模擬戦にて。3機のヘビーガンと3機のリゼルがデブリ帯で対決し、ヘビーガンが接近戦でリゼルを圧倒。変形し距離をとるリゼルだったが、身を潜めている最中にF90-Eタイプのジャミングによりレーダーとモニターに不具合が発生。そこに奇襲を掛け、見事圧勝した。
『F91』では終始C.V.軍の後発小型機に圧倒されたヘビーガンではあるが、腐っても小型機。大型機相手には無類の強さを発揮できる事を証明したシーンである。

関連機体編集

ヘビーガン重装攻撃型(ヘビーガンパワードウェポン)
火力不足を補うためのオプション重武装パーツに換装した機体。
ヘビーガン (マケドニア仕様)
マケドニアコロニーの防衛用に配備されていた機体。『F91』の物とはデザインが異なりささやかながら出力もアップしている。
ハーディガン
サナリィキャノンガンダムの仕様を本機をベースに盛り込み、量産性と本機との互換性を重視して開発した上位機体。
シルエットガンダム
本機のフレームをベースに開発されたワンオフ実験機体。
MSA-120
本機の発展型として開発された試作機。
ジェガン
前世代機。第二次オールズモビル戦役、コスモ・バビロニア建国戦争では共に運用された。
ジェムズガン
後継機。ビーム・シールドを有し、信頼性も高いものの性能については心許ないものがあった。

商品情報編集

リンク編集

脚注編集

  1. 尤もサナリィが求めていた性能はどう見ても「戦時機体」スペックであり戦間厭戦期の機体の評価としては過剰に貶している部分がある。
  2. 第一次OM戦役では何らかの理由で配備されなかったのか掃討部隊の主力機種はジェガンだった。
  3. CVは戦術面でも連邦軍への対抗策を予め研究・立案していた為、この戦力差が如実に現れる事になった。
  4. コロニー内の構造物を射線上に検知するとコロニー構造物に重大被害を与えないレベルまでしか出力が上がらなくなる仕様。宇宙空間などでは解除される。