メインメニューを開く

概要編集

ガンダム開発計画によって製造された3機のうちの1機。コードネームは「サイサリス」。開発はアナハイム・エレクトロニクス社の第2研究事業部が担当。同部署はジオニック社スタッフが中心となって立ち上げられた部署であり、そのためガンダム試作2号機はガンダムタイプでありながら特にジオン系の技術が色濃く取り入れられている。

「最強の攻撃力を持つMS」のコンセプトを元に、南極条約で禁止された戦略核の使用を前提に開発されたガンダムであり、いかなる環境・状況であっても敵およびその拠点を撃滅する事を目的とした強襲用MSとして完成した。核武装は「最強の攻撃力」というコンセプトを体現する為の物であったが、単体のMSとしての性能にも優れており、この機体性能に着目し核武装以外での運用を想定した武装プランも複数用意されていた。

機動性を確保するためにフレキシブル・スラスター・バインダーと呼ばれる大型バインダーを肩部に有し、これによって重MSでありながら高い機動性を発揮する。重力下ではドムのようにホバー走行も可能。

本機は、アトミック・バズーカによる核弾頭の使用を前提としているが、核弾頭使用時に自機も爆心地に居る事になる為、核爆時の熱や放射線の影響を踏まえ、厳重な耐熱・対放射線対策が施されており、大型のラジエーター・シールドや頭部センサー及びインテークの遮断シャッターなどにその一端を見る事ができる他、フレキシブル・スラスター・バインダーも、爆心地からの速やかな離脱を目的とした装備という側面もあった。また、コクピットは耐衝撃性を重視しコアブロックシステムではなく球殻状のコクピット・ブロックを採用。このコクピットにメイン・コンピュータ[1]が収められ、充填された減速材と胴体部の複合装甲と緩衝材によって機体中枢とパイロットを保護する。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
パイロットはアナベル・ガトーアナベル・ガトーの手により、トリントン基地から強奪され、連邦の追撃を躱して宇宙に運びこまれた。その後、コンペイトウで観艦式中の連邦軍艦隊に核を使用。その際の反動で左腕など一部が故障するも、その状態でコウガンダムGP01フルバーニアンと対峙し、相討ちになって大破した。
機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光
概ねOVA版と同様の展開をなぞる。
機動武闘伝Gガンダム
第49話でマンダラガンダムの曼陀羅円陣・極楽往生に参加するなど、ガンダム連合の中に紛れて各作品のガンダムと共にカメオ出演している。
ハーモニー・オブ・ガンダム
新たにMLRS仕様およびビーム・バズーカ装備が設定された。
機動戦士ガンダム0083 REBELLION
ストーリーの変更に伴い、MLRS装備やラング装備などの装備バリエーションが登場した。
宇宙の蜉蝣2
キンバライト基地からHLVで打ち上げられた後の友軍と合流する間に発生した戦闘が描かれた。

装備・機能編集

特殊機能編集

フレキシブル・スラスター・バインダー
両肩に装備された、複数の作用点を持つもう一対の腕とも言える装備。行動に制限される事なく機体を可動させる事ができ、装備されているロケット・モーターは1基でも標準的なMS1機を充分に機動させるだけの膨大な出力を有し、地上ではホバー走行も可能としている。

武装・必殺攻撃編集

AE/ZIM.G-BAZ-0186-A アトミック・バズーカ
核弾頭ロケット弾「Mk-82」を発射する為の大型バズーカ。核弾頭は機体背部、砲身前半部はシールド裏に格納され、使用時に両者を接続して発射する。
搭載されている核弾頭の初期加速と照準に用いられる以外にもセーフティとしての役割を担っており、このバズーカの射出システムでなければ安全装置の最終解除は不可能。また、砲口のセーフティキャップも射出寸前まで排除できない構造となっている。
Mk-82核弾頭ロケット
アトミック・バズーカに装填されているレーザー核弾頭。書類上は「戦術核」に分類されているが、実際には戦略核クラスの破壊力を有しており、試算では連邦宇宙軍の3~4割を壊滅出来たとされる。弾頭部と推進部が分離された状態で格納されており、使用時にこれらが結合され、発射される。
「自己拘束型熱核爆弾」と呼ばれるタイプの核弾頭であり、内包したミノフスキー粒子の縮退層が保持されたまま炸裂し、超高温と膨大な中性子線を発生させる火球を数秒間に渡って維持する。
NR-Sh-02-RX/S-00013 ラジエーター・シールド
専用の大型シールド。裏面にはアトミック・バズーカ砲身を格納できる。液体水素などの冷媒を充填した冷却システムを内蔵しており、核弾頭使用時の熱と衝撃から機体とパイロットを保護する。冷却システムは脆く、核弾頭使用時にはこれが必須なため、シールドと銘打っているが戦略的弱点となり得る。
また、シールドの防御範囲が脚部にまで及ばない為、脚部にはこれと同等の装甲と冷却機能が備わっている。
60mmバルカン砲
頭部に左右1対2門設置内蔵している。連邦系MSの標準装備でもあり、対空迎撃やドッグファイト時の牽制、対人掃討などに使用される。
A.E.blashAEXB-909L ビーム・サーベル
腰部に左右1対2基装備している。重MS用の標準装備として開発されていたものの改良型。ビーム刃を形成する磁場が既製品よりも細く絞り込まれており、出力や磁界強度をマニュアルで変更できる機能が追加されている。アトミック・バズーカ使用後は、攻撃手段はビーム・サーベルと頭部バルカン砲のみとなる。

オプション装備 編集

MLRS
背部に設置される6連装の多連装ロケットシステム (Multiple Lunch Rocket System、MLRS)。中距離から敵部隊や拠点を面制圧する事を目的とした装備であるが、トリントン基地での地上試験までに完成が間に合わなかった為、実際に運用される事はなかった。
ビーム・バズーカ
デラーズ・フリートがコンペイトウ襲撃後の2号機の再利用案として検討していた装備。アトミック・バズーカと同じ様に右肩の基部にシールド内に収納された砲身を接続して使用する。ビグロメガ粒子砲を携行式に再設計したもので、スキウレの砲身を流用している。

その他 編集

MS用対艦ライフル
MS用の大型携行兵装。ピクチャードラマ『宇宙の蜉蝣2』で使用。デザインは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』でシャア専用ザクIIが携行した物と同一。本来、アナザー宇宙世紀に存在する武装なのだが、史実での扱いについては特に明言されていない。

対決・名場面編集

関連機体編集

別仕様・装備バリエーション 編集

ガンダムGP02 (MLRS仕様)
幻となったMLRS装備プラン。後に反連邦派閥『シン・フェデラル』によってコピー機が作成・運用された。
ガンダムGP02 (ビーム・バズ仕様)
幻となったビーム・バズーカ装備プラン。
ガンダム試作2号機 (デラーズ・フリート仕様)
『ガンダムトライエイジ』に登場するカラーバリエーション機。ガンダムの象徴であるトリコロールカラーから、ガトーのパーソナルカラーである青と緑に再塗装されている。

系列機 編集

ガンダム試作0号機
ガンダム試作1号機 (ゼフィランサス / フルバーニアン)
ガンダム試作3号機 (ステイメン / デンドロビウム)
ガンダム試作4号機
ガンダム開発計画で開発された他の機体。

技術的関与のある機体・関与が疑われる機体 編集

リック・ディアス
バインダーなどに本機で培った一部の技術が流用されている。エゥーゴという運用組織の性質上、敢えて抹消された技術体型を用いるのは都合が良かったとされるが、一方でGP02の直系という訳ではないとする言説も存在する。
ソロモンエクスプレス
ガンダムの核装備仕様。MIRVに使用されている核弾頭が本機に流用されたとされている。
AHAジム-C
ジム・カスタムをベースにアトミック・バズーカの運用目的で最初に開発された機体。
ガンダム[スコル]
本機とフェイス部形状が酷似している。

その他 編集

ガンダム試作2号機サイサリスセンチュリオン
『ガンダムビルドファイターズA』に登場する本機をベースとしたガンプラ。TRシリーズのパーツが多く組み込まれている。
ガンダムGP-羅刹 / ガンダムGP-羅刹天
『ガンダムビルドダイバーズ』に登場する本機をベースとしたガンプラ。太陽炉が組み込まれており、独自のトランザムシステムが使用可能である。

商品情報編集

ガンプラ編集

フィギュア 編集

資料リンク 編集

リンク編集

脚注編集

  1. スペースの問題から教育型コンピュータではなく通常型の物を採用していたとされる。