メインメニューを開く

ネオ・ジオン(Neo Zeon)編集

機動戦士ガンダムΖΖ』及び『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する軍事組織。同名の組織が複数存在するが、それぞれで組織理念等に差異があり、『逆襲のシャア』では区別の為に「新生ネオ・ジオン」或いは「シャア・ジオン」と呼称される場合がある。

ネオ・ジオン(アクシズ)編集

グリプス戦役後にアクシズが改称する形で結成したジオン後継組織。ドズル・ザビの遺児ミネバ・ラオ・ザビを擁し、ザビ家支配によるジオン公国の復興を目的としている。その性質上、一年戦争後に成立したジオン共和国を正当なジオン国家と認めていない。組織の実質的な指導者は宰相であるハマーン・カーンが務めた。

グリプス戦役後、エゥーゴティターンズはお互いにその勢力を著しく消耗させたが、アクシズは戦力を温存し戦役終結後にネオ・ジオンと名を改め各コロニーの制圧を開始。第一次ネオ・ジオン抗争の火蓋を切った。

各地のジオン残党部隊を統合し、更にティターンズニューディサイズなど連邦から離脱した兵力、エゥーゴの親ジオン派等を吸収して組織力を維持しているが、連邦軍と比較して物量に劣る点は旧ジオン公国軍と同様である。第一次ネオ・ジオン抗争終盤ではジオン共和国軍の兵力を併合しているが、やはり絶対的な戦力差を覆すまでには至っていない。また、従来の軍組織とは異なり近代的な軍階級を廃しており、戦意高揚を目的として指揮官を「騎士」と呼称している。また騎士には専用機として開発段階の試作機が与えられ、実戦での運用試験を担う。

弱体化した連邦軍に対して電撃的な作戦を展開し、ダカールの連邦議会を制圧。更に連邦政府を恫喝する目的でダブリンへのコロニー落としを決行する事で連邦政府からサイド3の譲渡を認めさせるものの、抗争終盤にグレミー・トトの造反によってネオ・ジオン内部で内乱が勃発。これによってハマーン派・グレミー派双方共に戦力を潰し合う形で消耗させ、その隙をエゥーゴ・連邦軍に突かれる形で制圧された。

ネオ・ジオン(新生ネオ・ジオン)編集

グリプス戦役終盤で行方不明となっていたシャア・アズナブルが旧ネオ・ジオンの残存勢力とコロニー内の反抗勢力をまとめ上げたネオ・ジオン。ハマーンの率いた旧ネオ・ジオンと同じ名称を用いているが、シャアはジオン・ズム・ダイクンの遺児としてザビ家による独裁を否定し、ダイクンがかつて掲げたスペースノイドの自治権獲得を至上命題として掲げている。その為、反ジオン系スペースノイドを協力者として取り込んでおり、彼らからの支持も篤い。

軍組織としては決して大規模ではなく、レウルーラを旗艦にムサカ級14隻程度の規模となっている。また、大規模な兵器生産施設も持たず、装備の調達もアナハイム・エレクトロニクス社グラナダ工場に委託する形で行われた。当初から連邦が制圧に乗り出していた場合、勝負にならなかった可能性もあると言われている一方で、連邦に対する注意を向けられないよう、敢えて大規模な軍勢にしなかったとする説もある。

宇宙世紀0092年にスウィート・ウォーターを占拠し、翌0093年にTV番組のインタビュー内でシャアが連邦政府に事実上の宣戦布告を行ったことで第二次ネオ・ジオン抗争が勃発した。

戦力で劣るネオ・ジオンは地球寒冷化作戦を実行し、フィフス・ルナを連邦本部ラサに落下させた。その後、裏取引と偽装降伏を経てアクシズを強奪。アクシズを地球に落下させるものの、ロンド・ベルの熾烈な抵抗によって失敗。シャアもアムロ・レイとの戦闘中に行方不明となり、敗退した。

構成員 編集

ネオ・ジオン(アクシズ) 編集

ハマーン・カーン
摂政。
ミネバ・ラオ・ザビ
代表。
マシュマー・セロ
キャラ・スーン
グレミー・トト
後に自らをザビ家の継承者と謳い、ハマーン支配下のネオ・ジオンに内乱を招く。
エルピー・プル
プルツー
ラカン・ダカラン
ゴットン・ゴー
イリア・パゾム
後に宇宙世紀0090年のカラード事件にて、レウルーラの艦長を務める。
オウギュスト・ギダン
アリアス・モマ
フェアトン・ラーフ・アルギス
サイド1コロニー「ブリガドーン」を大金で無血開城させ、味方にした将校。通称「十億(ビリオン)のフェアトン」。
バーン・フィクゼス
エゥーゴの一員。ブリガドーンを無血で制圧したフェアトンに気に入られ、彼の右腕となる。

ネオ・ジオン(新生ネオ・ジオン) 編集

シャア・アズナブル
代表。
ナナイ・ミゲル
クェス・パラヤ
ギュネイ・ガス
レズン・シュナイダー
アルレット・アルマージュ
フラナガン機関出身の強化人間。MS力学・構造学に深く精通していた事から一年戦争時にシャアにスカウトされ、MS技師として貢献している。
ダントン・ハイレッグ
シャア戦用機や試作機のテストパイロットを担っていたパイロット。シャアの反乱以降はアルレットと共にリボー・コロニーに移住する。

関連用語編集

リンク編集

脚注編集