メインメニューを開く

目次

熱核ロケットエンジン(Nuclear Rocket Engine)編集

熱核融合炉の炉心内部の熱エネルギーで推進剤を加熱・噴射[1]し、その反動で推進力を生み出す熱核スラスターの一種。

構造が小型かつシンプルでエネルギー変換効率にも優れ、最適噴射速度は光速の9%に達する[2]事から航宙機や艦艇からMSMAに至るまで幅広く使用されている。また、融合炉の熱を添付した上で噴射する性格上、推進剤は冷却材としての機能も兼ねる[3]

主に宇宙用の機体や艦艇を中心に使用されるが、地上での使用も可能。同じ熱核スラスターである熱核ジェットエンジンよりも出力重量比と冷却性能に優れるが、推進剤の積載量は有限であり、活動可能時間には限界がある。一部の機体では機体の規格に合わせて造られたプロペラントタンクを機外に装着する事でスラスター推進剤の増加による活動時間延長が可能であり、プロペラントタンクは内容物が空になったり重量を軽減したい時などにパージする事でデッドウェイト化を回避出来る。

宇宙・地上双方での運用を想定した汎用機は、熱核ロケット・ジェットエンジン双方の機能を併せ持つ熱核ハイブリッドエンジンを採用するケースも見受けられる[4]他、エンジンを換装して運用環境に対応する場合もある。

登場作品 編集

関連技術 編集

熱核融合炉
熱エネルギーソースとなる。
熱核ジェットエンジン
レーザーロケット
核パルスエンジン
ミノフスキークラフト
ミノフスキー粒子の斥力効果による力場浮揚技術。
ミノフスキードライブ
ミノフスキー粒子の斥力効果による次世代推進システム。

リンク編集

脚注編集

  1. 噴射は端末であるスラスター部分で行われる
  2. 過去の核分裂炉タイプは4%。
  3. 基本的には動力炉のみならずコンピューター等他の機材のいらない熱も拾って利用している
  4. ドムのように陸戦型ではあるが冷却性能の向上を狙いハイブリットエンジンを採用する例も存在する。