メインメニューを開く
ジム・カスタム
外国語表記 GM Custom
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-79N
頭頂高 18.0m
本体重量 42.0t
全備重量 57.6t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,420kw
スラスター総推力 67,480kg
装甲材質 チタン合金・セラミック複合材
開発組織 地球連邦軍
開発拠点 オーガスタ基地
所属 地球連邦軍
エゥーゴ
シン・フェデラル
母艦 ペガサス級アルビオン
主なパイロット
テンプレートを表示


概要編集

一年戦争終結後、「連邦軍再建計画」に基づきジム系統機の性能向上型として開発されたモビルスーツ。量産機の性能のトータルバランス改善を図り、ジェネレーター出力の向上や各部サブスラスターの強化などによって従来のジムの倍近い推力と、ガンダムタイプに匹敵するジェネレーター出力の獲得に成功している。

オーガスタ基地で開発された機体であり、開発時には同じくオーガスタ製の機体であるガンダムNT-1のデータがフィードバックされており、デラーズ紛争以前の連邦軍機の中でも最上位の機体に位置づけられているが、その優秀さに比例して生産コストは高騰しており、生産数は少ない。生産された機体の多くはエースパイロット用の機体として調整が施された。

高性能だが突出した性能や機能は持たず、機体への評価に関しては、コウ・ウラキ曰く「特長がないのが特徴」とのこと[1]

デラーズ紛争後は生産ラインがティターンズに引き継がれ、新たにジム・クゥエルの生産へと切り替えられている。既存機も順次、クゥエルへの改修を受けているが、その内、改修前にエゥーゴカラバに流れた機体は同組織の戦力として運用されている。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
デラーズ・フリートによって奪われたGP-02追撃に際して、バニング機、モンシア機、ベイト機が新たに配備される。劇中ではノイエン・ビッター少将率いるキンバライド基地のMS部隊を多数撃破し、宇宙でもシーマ艦隊のゲルググMと激戦を繰り広げた。但しバニング機はシーマ・ガラハウの駆るゲルググM指揮官仕様機との戦いで損壊し、アルビオンに戻る途中で爆発。バニングもこれにより命を落とした。
モンシア機とベイト機はその後はデラーズ紛争終盤までアルビオン所属機として戦い続けている。
機動戦士ガンダム0083 REBELLION
オプション装備やバリエーション機が新たに設定された。
劇場版 機動戦士Ζガンダム
エゥーゴ所属の機体が登場。カラーリングは白と緑を基調としたエゥーゴカラー。
機動戦士ガンダム カタナ
シン・フェデラル所属機が登場。
機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ
宇宙海賊シュテンドウジのパイロット、ウイングス・ハウザーの駆るカスタム機、シルバーヘイズが登場している。
本機はカイン・ラグナードの駆るジム・スナイパーカスタムセリア・ハウザーの専用機であるハイブースト・ジムと同じく、シュテンドウジの主戦力として活躍する。

装備・機能編集

武装・必殺攻撃編集

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。接近戦で威力を発揮する連邦系MSの標準装備。武器の換装や転進時の牽制や威嚇にも有効。
ジム・ライフル
90mmの実体弾を連続発射する主兵装。各部を換装可能な汎用マシンガンのロングバレル仕様。予備マガジンをシールド裏にマウントする。
銃剣(ベイオネット)
『REBELLION』に登場したオプション装備。ビーム・ベイオネット発振器を銃身下部に装着する。これによりライフルを持った状態でも即座に白兵戦に持ち込むことができる。
グレネード
『REBELLION』に登場したオプション装備。グレネード・ランチャーを銃身下部に装着する。
ロング・ライフル
『REBELLION』に登場したオプション装備。ロングバレルとストック、スコープを銃身に装着する。
ビームサーベル
バックパックに1本マウントされている。オーガスタ系MSの特徴であるセンター配置のベースユニット規格に対応したデュアルサプライデバイスを搭載する。
シールド
ジム・コマンドが装備している物と同型のシールド。ビーム・コーティングが施されている。予備マガジンやサーベルなどのオプションを装備携行可能。
スパイク
『REBELLION』に登場したオプション装備。ジム・ストライカーのスパイク・シールドに相当する装備で、スパイクをシールド先端部に装着する。
ハイパー・バズーカ
ジム改などのジム系列機が携行しているバズーカ。
ビーム・ライフル
ジムIIが携行している物と同型のビーム・ライフル。『劇場版Ζガンダム』に登場したエゥーゴカラーの機体が装備している。
ビーム・ミツマタ
シルバー・ヘイズ専用の武装として開発された長柄武装。ロッドの先端に出力を抑えた3本のビームサーベルを内蔵することで長いリーチを維持しつつ、サーベルの消耗を抑えることができる。またグリップエンドからもサーベルを出すことができる。

対決・名場面編集

関連機体編集

ジム・カスタム高機動型
ガンダム試作1号機フルバーニアンのバックパックの評価試験用に改造された機体。
ジム・カスタム シルバー・ヘイズ / シルバー・ヘイズ改
ウイングス・ハウザーの専用機として改造された機体。
AHAジム-C (アトミック・ヘビー・アーマージム-カスタム)
『REBELLION』に登場した核融合弾運用型。全身に増加装甲を装着している他、右腕が核融合弾用のアトミック・バズーカに換装されている。
ジム・キャノンII
ジェネレーターやフレームなどのパーツが共用化されている。
ジム・クゥエル
デラーズ紛争後に生産ラインを転用して開発された改修機。
ワグテイルII
ジム改[ワグテイル]にジム・カスタムのパーツを組み込んだ改修機。
ガンダムNT-1
本機の開発に設計データが流用された。バックパック等の形状からその事が窺える。

商品情報編集

リンク編集

脚注編集

  1. これは本機が突出した面の少ない無難な機体特性であることを暗に示している