メインメニューを開く
ビギナ・ギナ
外国語表記 Vigna Ghina
登場作品 機動戦士ガンダムF91
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 XM-07(XM-07A)
頭頂高 15.8m
本体重量 8.9t
全備重量 22.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 4,790kW
スラスター推力
  • 22,950 kg×2
  • 4,490 kg×8
  • 8,950 kg×2
スラスター総推力 99,720kg
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
開発組織 ブッホ・エアロダイナミックス社
所属 クロスボーン・バンガード地球連邦軍 (投降後)
母艦 スペース・アーク (投降後)
主なパイロット セシリー・フェアチャイルド (ベラ・ロナ)
テンプレートを表示

概要編集

ブッホ・エアロダイナミックス社が開発したクロスボーン・バンガードの試作型モビルスーツ

クロスボーン・バンガードは連邦軍に先んじて小型MSを運用したが、ビギナ・ギナは次世代の指揮官機向けとして開発された機体で更に運動性能を向上させる為に通常のスラスターやアポジに加え、シェルフ・ノズルの発展型である「フィン・ノズル」を採用している。ジェネレーターはベルガ・ダラスベルガ・ギロスと共通だが、「フィン・ノズル」はジェネレーターに直結した構造を採用することで、エネルギーの伝達ロスを軽減させ、更にメイン・スラスターなどの設計変更によってプロペラントの増量も可能となり、機動性が格段に向上。その統合性能はガンダムF91にも匹敵する程であったとされる。

またシルエットフォーミュラ他派生作品制作前の一部資料では形式番号末尾無しになっているが以降の派生機の存在する資料では基幹機種となる当機はXM-07Aと末尾タイプ記号が付く様になっている。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダムF91
パイロットはセシリー・フェアチャイルド(ベラ・ロナ)。初搭乗の際には頭部に花束を飾っていた。ガンダムF91との交戦でコクピットハッチが破壊され、スペース・アークへの投降時に修復。その際には頭部のクロスボーンの旗章を塗り潰して消している。
その後、F91と共にカロッゾ・ロナのバグやラフレシアと交戦。ラフレシアとの戦闘中に中破し、セシリーが宇宙へ放り出された機体はそのまま戦闘区域に放置されたが、その後ラフレシアの攻撃網に隙を作る為にF91のビーム・ランチャーによってジェネレーターを狙撃され破壊された。

装備・機能編集

特殊機能編集

フィンノズル
本機に装備されたバックパック横から延びる左右四対八基のスラスターポッドを束ねた推進機システム。
ジェネレーター直結式のためエネルギー伝達ロスが少なく、支点が機体側にあることで負荷が分散、推力/重量比が向上している。一基毎に接続部の関節で動き四方八方に広げた状態にして運動性や小回りを高めたり、後方に集中させ機動力を強化したりする事が可能であり、機体各部のスラスターと独立または連動し、あらゆるベクトルに対応可能。
ベルガ・バルスに採用されていた改造型シェルフ・ノズルから発展した装備だが、ガンダム・トリスタン〈フェイルノート〉の段階で推進システムの雛形は完成している。

武装・必殺攻撃編集

ビーム・ライフル
基本射撃武装。当初はダギ・イルス用のビーム・ライフルをそのまま使用する予定だったが、その改良型の試作タイプが採用・装備された。照準器の形状やグリップの配置など全体的に構造が変更されている。
ビーム・サーベル
標準的な近接白兵装備で2本装備。機体の運動性と併せ、高い白兵能力を発揮する。
ビーム・ランチャー
地球連邦軍規格のMS用大口径ビーム砲撃兵器。ガンダムF90-Aタイプの物と同型であるが、スペース・アークに配備されていた物か、戦場で拾得した物であるかは不明。ブッホ製のC.V.向けMS規格は連邦軍MSの規格に準じている為、当機でも問題なく使用可能。
ビーム・シールド
左腕に1基装備。ジェネレーターの出力向上によって実用化されたクロスボーン・バンガードの標準装備。防御のみならず攻撃にも転用可能。

対決・名場面編集

機動戦士ガンダムF91 編集

ガンダムF91
初陣での対決。雲やビーム・シールドを利用した戦法の前に危うく撃墜されかけるが、僚機が身を挺して阻止したため事なきを得る。その際、戦っている相手がシーブックであると気づいたセシリーはF91に接触し、成り行きで戦闘に参加してしまった事を告白。そのままスペース・アークに投降した。
バグ
フロンティアIでの戦闘。機体の敵味方識別システムにより火器での攻撃ができない[1]バグに対し、セシリーはバグとビルギット機の間にシールドを張ったまま入ってバグの攻撃を妨害[2]。弾き飛ばしたバグをビルギットが撃墜するという連携を見せた。その後、システムを切ったらしくビーム・ライフルで攻撃する一方、バグからレーザー攻撃を受けている。その間にもビルギット機はバグの猛攻に晒され、セシリーの必死の叫びも虚しく、ビルギットは戦死してしまった。
ラフレシア

関連機体編集

ビギナ・ギナ ベラ・ロナ・スペシャル
式典、典礼仕様カスタマイズ機。S型。
ビギナ・ギナII
本機のバリエーションの一つ。B型。
ビギナ・ギナII (木星決戦仕様)
B型の武装を一部変更した改修機。
ビギナ・ゼラ
背部装備をフィンノズルからブッホ製ヴェスバーに置き換えた武装強化版。G型。
ビギナ・ロナ
『SDガンダム GGENERATION』シリーズのオリジナル機体。ビギナシリーズを基に開発された。R型。
ダギ・イルス
原型機。
ベルガ・バルス
背部「フィン・ノズル」の原型機の一つ。
クロスボーン・ガンダムX-0
機体色が本機と同様、銀色である事から、ベラ・ロナの搭乗を想定していたという説がある。

商品情報編集

リンク編集

脚注編集

  1. バグ側もビギナ・ギナを味方機と識別しているため、ビギナ・ギナを避けてガンダムF91とヘビーガンを攻撃している
  2. 双方の機体システム的には「衝突事故」的な状態