メインメニューを開く
ビギナ・ギナII
外国語表記 Vigna Ghina-II
登場作品 F91-MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 XM-07B
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
開発組織 ブッホ・エアロダイナミックス社
主なパイロット ドレル・ロナ(予定)
テンプレートを表示

概要 編集

ブッホ・エアロダイナミックス社が開発したクロスボーン・バンカードの試作型モビルスーツ

ビギナ・ギナのB型発展仕様であるとされ、背部に「シェルフノズル」や「フィンノズル」の代わりに「フレキシブルウィングノズルユニット」左右一対二基が装備されている。頭部はガンダムタイプを意識したデザインへと変更され、両肩にはショルダーフィンが追加されている。カラーリングも赤基調となった。武装も強化型のショット・ランサーやビームシールドを装備。

外見がF91と似ている事から、F91の模倣機ではないかと言われている。また、どちらかと言うとビギナ・ギナよりビギナ・ゼラと酷似しており、形式番号末尾もB型とビギナ・ゼラより先の為ビギナ・ゼラ(G型)のベース機であった可能性も有るとされる。ただし、当機やA型のビギナ・ギナ運用前にダークタイガー隊がビギナ・ゼラをゼブラ・ゾーンで運用している[1]ので、この機体の開発時期や運用については不明となっている。

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の七人』にもギリ・ガデューカ・アスピス用に改装された専用機が登場している。

登場作品と操縦者編集

F91-MSV
出典元。書籍『ガンダムマガジンNo.5』(1991年)にデザイン画が掲載されている。レッド・バンガードに配備される予定だったとされるが、定かではない。デザイナーの大河原氏曰く「パイロットは、ドレル・ロナがふさわしいかな」との事。

装備・機能編集

特殊機能編集

ビームフラッグ
バックパック中央に射出口あり。

特殊装備編集

フレキシブルウィングノズルユニット
背部に装着されたビギナ・ギナ(A型)の「フィンノズル」ユニットの改良装備。多数のサブスラスターに可動式スラスターとユニット自体の可動によるAMBAC肢機能によって運動性と機動性を強化する。形状こそヴェスバーに酷似しているが、武装としての機能は無い。

武装・必殺攻撃編集

ビームライフル
ビギナ・ギナと同型の物を使用。
ビームサーベル
2基を装備。こちらもA型ことビギナ・ギナと同型の物。
ショットランサー
右手に新型の改修した物を1基携行装備。デナン・ゾンやベルガ・ダラスの物と違い基部の一対のヘビーマシンガンに挟まれた部分に照準センサーが追加されている。
ヘビーマシンガン
ショットランサーに2門内蔵。
ビームシールド(出力強化型)
左腕に1基装備。大型で高出力となっている。また、発振器にはクロスボーン・バンガードの紋章が描かれている。

対決・名場面編集

関連機体編集

ビギナ・ギナII (木星決戦仕様)
武装の一部を変更した改修型。
ビギナ・ギナ
ベース機。A型。
ビギナ・ギナ ベラ・ロナ・スペシャル
式典、典礼仕様カスタマイズ機。S型。
ビギナ・ゼラ
フレキシブルウィングノズルをヴェスバーに置き換えるなどが施された武装強化同系列機。G型。
ビギナ・ロナ

商品情報編集

リンク編集

脚注編集

  1. これについて「ビギナ・ギナはベラ・ロナが搭乗する事が決まった際に搭乗者専用に機体の仕様を変更するなど時間を取られロールアウトや就役がビギナ・ゼラより遅れた」という説が存在する。