メインメニューを開く
ダギ・イルス
外国語表記 Dahgi Iris
登場作品 機動戦士ガンダムF91
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 指揮官用偵察型モビルスーツ
型式番号 XM-06
頭頂高 15.0m
本体重量 9.7t
全備重量 22.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,620kw
スラスター推力 25,540kg×2
11,030kg×2
8,950kg×3
スラスター総推力 99,990kg
アポジモーター数 87
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
開発組織 ブッホ・エアロダイナミックス社
所属 クロスボーン・バンガード
主なパイロット アンナマリー・ブルージュ
テンプレートを表示

目次

概要 編集

クロスボーン・バンガードの量産型モビルスーツ

ベルガ・ギロスなどのベルガシリーズと呼ばれる機体を基に偵察指揮官機用として開発されており、機動性と情報処理能力、(偵察部隊の)指揮管制能力が高い。また、偵察用指揮官機として戦闘を潜り抜けて離脱する事も考慮されている為戦闘力も高く、特に遠距離からの狙撃を得意としている。その高性能さから次世代指揮官機であるビギナ系列の開発母体にもなった。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダムF91
初登場作品。アンナマリー・ブルージュが搭乗していたが、後に彼女が地球連邦軍に投降した際に機体色がアイボリーに塗り替えられ(後にベラ・ロナビギナ・ギナで投降した時と同じく機体の識別コードはC.V.への攪乱の為変えていない)、スペースアークの戦力として出撃。ザビーネ・シャルの黒の部隊と交戦し一般機を撃墜、隊長機であるザビーネのベルガ・ギロスと交戦し右腕と引き換えに相手の左腕を破壊するが、至近距離でショットランサー内蔵マシンキャノンの連射をコクピット部に受け撃墜された。

装備・機能編集

特殊機能編集

ドップラーレーダー
新開発のレーダー。移動中でも高精度の索敵が可能となっている。

武装・必殺攻撃編集

ビームライフル
本機の携行射撃武装。C.V.機の中で最長の射程距離を誇り、ビギナ・ギナのビームライフルの基になった。
ビームサーベル
近接白兵戦用の装備。
3連装拡散ビーム砲
腹部に内蔵されている。基本的には敵機の牽制眩惑用として使用されるが、威力の方も決して低くは無く、直撃すれば簡単に敵MSを撃墜可能な威力が有る。『F91』作中ではビームシールドで防ごうとしたデナン・ゾンが防ぎきれずに爆散している。
シールド
C.V.のモビルスーツでは珍しく、実体式の物を装備。これは電装機器への干渉を防ぐためと本機の視認性の低下を図っての措置である。

対決・名場面など編集

関連機体編集

ダギ・イルス長距離偵察型
早期警戒・指揮管制型。
ビギナ・ギナ
当機が設計の基となっている。その為ライフルなども当初は当機の物をそのまま使用する予定だった。
ベルガ・ギロス
原型となった機体。
エビル・S
当機が偵察部隊で指揮する配下機体。

商品情報編集

資料リンク編集

リンク編集