メインメニューを開く

エネルギーCAP(Energy CAP)編集

メガ粒子に縮退する寸前の高エネルギーを帯びた状態であるミノフスキー粒子を保存する技術。資料によってはE-CAP、エナジーキャップとも表記される。連邦に亡命したミノフスキー博士とその弟子の連邦の科学技術者等によって開発されたとされている。この技術の登場によって、これまで艦艇に搭載されるサイズにまで大型だったメガ粒子砲モビルスーツが携行火器として使用出来るレベルにまで小型・省力化された。またジェネレーター搭載式であるビットファンネルに小型化する際にもE-CAPの技術が活用されている。

発射する毎に蓄積されているミノフスキー粒子を機体側のエネルギーでメガ粒子に変換し消費し、撃ち尽くした場合は母艦や基地に戻って再チャージ[1]するか、予備のライフルに交換する必要がある。一年戦争時のビーム・ライフルはエネルギーCAPをライフル本体に内蔵するタイプが主流だった為、この様な運用上の欠点が存在していた。

デラーズ紛争期からグリプス戦役期にかけて[2]エネルギーCAPを外付けパーツ式にした「Eパック(EPAC)」[3]に発展。Eパックは予め複数を携行する事で弾切れ時にパックを交換するだけで補給に戻る事なく再度の射撃が可能となり[4]、生産品規格を整える事で後方での大量生産も容易になり兵站での負担も減るといったメリットが存在する。デメリットとしては専用の補給設備などを母艦である艦艇に設置しなければならなかった事である[5]

上位機構としてメガ粒子そのものを貯蓄保存可能なメガコンデンサがあり、こちらはΖΖガンダムの額部ハイ・メガ・キャノンやゲーマルクの胸部メガ粒子砲、ヴェスバーといった高出力ビーム兵器や運用用途が特殊な兵装のエネルギーソースなどに使用されている。

登場作品 編集

機動戦士ガンダム
ガンダムのビーム・ライフル等に使用された。序盤~中盤は乱射や無駄撃ちによる弾切れも多く見られ、名のあるパイロットやエースとの戦闘ではビームサーベルによる戦闘が多かった。尚、弾切れ後は基本的にはその場で投げ捨てしまう事が多く、劇場版「機動戦士ガンダムⅠ」では弾切れ後にホワイトベースから予備のライフルを射出して貰う場面が見られた。
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
ガンダム試作1号機のビーム・ライフルなどに、試験的にEパックが採用されている。シーマ専用ゲルググMもビーム・ライフルにドラム型のEパックを使用している。
ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに
T3部隊でEパックの試験運用が行われている。ガンダムTR-1[ヘイズル]はボックスタイプのEパックを複数つなげて使用している他、ギャプランTR-5[ファイバー]では拡散メガ粒子砲用に同タイプのEパックをバインダー内に格納している。
ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者
ガンダム[ケストレル]が独自規格のEパックを採用。シャアの反乱後の火星では軍から放出されたエネルギーCAPを動力としたロケット・グライダーが就役している。
機動戦士Ζガンダム
グリプス戦役でEパックが本格運用され、ハイザックマラサイ用の弾倉を模した汎用タイプ、ガンダムMk-IIΖガンダムが使用するライフル駆動電源も兼ねたボックスタイプ、リック・ディアス百式のスネイルタイプなど複数規格のEパックが登場した。が、一部の廉価量産機体では本体供給(内蔵E-CAP)式もまだ見られた。
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
ジェガンギラ・ドーガ等はEパック式ライフルを使用するが、νガンダムは本体供給エネルギーCAP内蔵式を採用。
機動戦士ガンダムUC
ユニコーンガンダムのビーム・マグナムは弾薬型の専用Eパックを一射毎に一つ消費して高出力ビームを撃ち出す仕様となっている。また、ジェガン用のEパックはリゼルジェスタなどにも転用されている。
機動戦士Vガンダム
Vガンダムガンイージなどの使用するリガ・ミリティア規格のライフルはEパックによる外部供給と本体供給のハイブリット方式を採用している。

関連技術 編集

リンク編集

脚注編集

  1. 一部高出力機体あるいは低出力火器(ジムの使用するビームスプレーガンはホルダーに接続する事で時間はかかるが戦闘中のリチャージが可能。リック・ディアスのビーム・ピストルも同様のリチャージ機能を有している)においてはMS本体で粒子をリチャージする事も可能だった。
  2. 作品によっては一年戦争中にEパックが実用化されている場合もある。
  3. その為Eパックの基本構造はE-CAPと同一である。
  4. 規格さえ同じならば他の味方機からのパック受け渡しによる現地補給も可能。
  5. アクシズ・及びハマーンネオジオンでは旧式艦艇にE-CAP充填設備を設けられなかった事が主力機ガザCDにビームライフルを採用しなかった理由の一つとなっている。