メインメニューを開く
ガンダムNT-1
外国語表記 Gundam NT-1
登場作品 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
デザイン 出渕裕
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-78NT-1
頭頂高 頭頂高
全高 18.0m
本体重量 40.0t
全備重量 72.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,420kW
スラスター総推力 174,000kg
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
センサー有効半径 5,900m
開発組織 地球連邦軍
開発拠点 オーガスタ基地
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 G4実験部隊
主なパイロット クリスチーナ・マッケンジー
テンプレートを表示

概要編集

地球連邦軍の宇宙派閥主体で開発されたNT用試作MS

RXをもじったアレックスの愛称を持つ。また、この事から、初期の展開の名残で「ガンダムアレックス」とも呼ばれる。NT用と銘打ってはいるが、この機体が開発された段階では、連邦軍内部に正確なNTの認識が存在していなかった為、ジオンの様なサイコミュを搭載しておらず、NTに合わせた桁違いの反応速度を有した規格外のMSとしてのみ設計されている。また、これに合わせ以降標準化されていく様々な最新技術も採用された。

連邦製MSに用いられるフィールド・モーターに続く技術であるマグネット・コーティングの試験機としての側面を持ち、同時に不完全ではあるものの、全天周囲モニターの技術評価も兼ねてサイド6のリボー・コロニーで試験を行っていた。

本来は、アムロ・レイの反応に追いつけず限界に達していたガンダムに代わりホワイトベースに配備される予定であったが、リボー・コロニー内でのサイクロプス隊との戦闘で中破し、配備される事の無いまま修復するために送られたルナツーにて終戦を迎えている。

しかしデラーズ紛争の後、発足した連邦宇宙軍の軍閥『シン・フェデラル』によって新たに生産されている。この機体は全身を赤く彩られたフルアーマー装備機としてロールアウトし、シン・フェデラルの尖兵として活躍した。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
初登場作品。テストパイロットとしてクリスチーナ・マッケンジーが搭乗し、本機を敏感過ぎると評している。一応、主役機ではあるが、物語中盤まではパーツ状態での登場に留まり、物語終盤になってようやく起動するという、それまでの主役ガンダムとは一風変わった立ち位置にある。
機動戦士SDガンダム MARKーIV
同作に収録されている『夢のマロン社・宇宙の旅』に登場。『0080』以前の設定であるRX-78 ガンダムのリデザイン機として登場している。カラーリングはガンダムと同様のトリコロールカラーで、ガンダムのビーム・ライフルとシールドを装備、ガトリング砲未装備、脚部スラスターや肩部のフック状のパーツが無い等、本来のアレックスと異なる部分がある。

装備・機能編集

特殊機能編集

チョバムアーマー
着脱可能な外部増設装甲。敢えてアーマーを壊れやすくする事により衝撃を吸収してアーマー内部の本体へのダメージを防ぐ。

武装・必殺攻撃編集

60mmバルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵。ガンダムタイプ伝統の武装。敵モビルスーツへの攻撃からモビルスーツ以外の戦闘兵器への掃討まで幅広い運用が可能。
90mmガトリング砲
下腕部に収納されている機関砲。頭部バルカンでもジオン軍の平均的なMSの装甲を貫通するには十分な火力がある為、かなり強力。収納に十分なスペースがあることを利用した隠し武器としての側面が強いため、後のMSには採用されていない。
ビーム・サーベル
バックパックに2本装備。本機以前のRX-78シリーズと比べて、サーベルの装着ホルダーが内蔵式に変更されている他、バックパックのコネクターをブラッシュ社製に変更した事により、グリップの形状と配置位置が変更されている。ファンにとっては悲しみを呼び起こす武装。
ビーム・ライフル
アサルトライフル型の専用ビーム・ライフル。設定を元に玩具に付属。『0080』の劇中では使用されなかった。
ハイパー・バズーカ
連邦軍で使用されているハイパー・バズーカにスコープ付きの防楯を追加した物。『0080』では設定のみ。
シールド
設定を元に玩具に付属。『0080』の劇中では使用されなかった。シールド上部に「ALEX」の文字が記載されている。ガンプラ「MG 1/100 ガンダムNT-1 Ver.2.0」では新たにシールドの青い部分が展開するギミックが追加されており、シールドを保持したままガトリング砲の発射が可能となっている。
ガンダム用のビーム・ライフル及びシールド
『夢のマロン社』に登場した機体が使用。

対決・名場面編集

ケンプファー
ジムや量産型ガンキャノンを次々と撃墜したケンプファーと対決。チョバムアーマーを着込んだ状態で戦う。チェーンマインの直撃を受けるものの、アーマーとアンテナを破壊されただけで、返り討ちにしてしまった。
ザクII改
市街地での戦闘を避けるため、ザクII改の誘いに乗り森林地帯で戦闘を行う。しかし、相手のパイロットがバーニィだとは気付かずに…。

関連機体編集

ガンダムNT-1 (チョバムアーマー装着型)
本機がチョバムアーマーを装着した状態。
フルアーマー・アレックス
フルアーマーガンダムと同様のコンセプトを反映し、武装強化を兼ねた装甲を装備した形態。
フルアーマー・アレックス (シン・フェデラル仕様)
反連邦組織「シン・フェデラル」が強化装甲と共に投入したアレックス。増加装甲に加えて、全身が赤く彩られている。パイロットはコテヅ
ガンダムNT-1 (シン・フェデラル仕様)
連邦軍特殊部隊『BGST』に鹵獲された際、増加装甲を外された通常形態。ロストナンバースの駆るペズン・ドワッジ4機を相手に奮戦するも、劣勢に立たされてしまう。後にネティクスへと改修された。
ネティクス
『GGENERATION』シリーズのオリジナル機体。アレックスの発展機でニュータイプ専用機。
ネティクス (BGST仕様)
ムラサメ研究所から取り寄せたサイコミュ機器で改修された姿。
トリスタン
アレックスをベースに、ブッホ・コンツェルンが改修を加えた機体。組織が擁する特殊部隊『バーナム』の指揮官機。
ガンダム
下地となったと言える機体。
ガンダム4号機
RX-78シリーズの4号機。本機も当初は同様の設定だったが、この機体の存在により変更を余儀なくされている(後述)。
GT-FOUR
現在は本機と同じプランにおいて空軍主体で開発されたと設定されている。
陸戦型ガンダム
この機体にガンダムの試験データを反映させ再設計したのが本機とする資料が存在する。

余談編集

  • 元々、本機は「ガンダム4号機」として設定された機体であったが、本機以前にM-MSVでガンダム4号機が設定されていたため設定が重複してしまい、設定を変更した上でNT-1へと改訂された。機体各部にある「4」の表示や所属部隊名(G4部隊)などにその頃の名残が見られる。
  • 一部資料には「ガトリング砲などは試験用の装備であり、ホワイトベースへ受け渡した際に外される予定だった」という物があるが、ガトリング砲を装備していない本機として『夢のマロン社』に登場したリデザイン版ガンダムが挙げられる。可能性の話ではあるが、同機を意識して設定されたと、考えてみると面白いかもしれない。

商品情報編集

ガンプラ編集

フィギュア 編集

リンク編集