メインメニューを開く
ドム・トローペン
外国語表記 Dom Tropen
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-09F/TROP
頭頂高 18.5m
本体重量 44.8t
全備重量 79.0t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,199kW
スラスター総推力 47,200kg
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 6,300m
開発組織 ジオン公国軍
開発拠点 キャリフォルニアベース
所属
主なパイロット
  • アダムスキー
  • ゲイリー
  • ヤス
  • テンプレートを表示

    概要編集

    ジオン公国軍が開発した量産型モビルスーツドム・フュンフをベースにドムドム・トロピカルテストタイプの運用データを基にして開発した機体。機体名称の「トローペン」はドイツ語で「熱帯」を意味し、英語での「トロピカル」にあたる。

    今までのドムと比べ空力形状やメンテナンス性に考慮した機体となっている。特徴的なのは脚部の微細な粉塵対策として熱核ジェットホバーのインテークフィルターが設計段階から防塵フィルターとなっている点である。また、脚部の形状も砂漠に対応した表面効果が高い面積の大きい物となっている。頭頂部にはサブセンサーが追加されている。武装に関しても互換性が徹底的に改善されており、ビーム兵器以外であれば即座に装備可能となっている。

    一年戦争末期に生産が開始された機体で途中でキャリフォルニアベースも陥落してしまったため、戦時中に稼働した機体は多くないとされている。

    登場作品と操縦者編集

    機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
    第1話から登場。トリントン基地を襲ったアダムスキー機とゲイリー機のカラーは紫を基調とした物、キンバライド基地所属機はサンドブラウンとなっていた。
    機動戦士ガンダムUC
    Ep.4にトリントン基地攻撃部隊の一機として登場。ディザート・ザクドワッジと共に連携攻撃を行った。原作ではヤスの搭乗機となっている。

    装備・機能編集

    武装・必殺攻撃編集

    MMP-80マシンガン
    従来のザク・マシンガンに代わる口径90mmマシンガン。予備マガジンはフロントもしくはリアスカートに懸架可能。『0083』に登場した機体は後期型、『UC』に登場した機体は前期型を装備していた。
    ラケーテン・バズ
    ジャイアント・バズを改良した大口径バズーカ。防御用のアーマーが追加され、マガジン式になっている。予備マガジンはフロントもしくはリアスカートに懸架可能。
    ザク・バズーカ
    対艦用の口径280mmバズーカ。
    ヒート・サーベル
    ドム系列の機体が装備している棒状の加熱式実体剣。非使用時にはバックパック側面にマウントされる。
    ザク・マシンガン
    ドラムマガジン式の口径120mmマシンガン。
    シュツルム・ファウスト
    命中率は悪いが威力の高い使い捨て式のロケットランチャー。
    拡散ビーム砲
    胸部に内蔵されているビーム砲。資料によっては装備していたりいなかったりする。

    対決・名場面編集

    関連機体編集

    ドム・フュンフ
    原型機。
    ドム / ドム・トロピカルテストタイプ
    運用データを利用した。
    ドム (熱帯仕様)
    こちらはドムに熱帯用のオプションを装備させた機体。

    商品情報編集

    ガンプラ編集

    フィギュア編集

    リンク編集