メインメニューを開く

概要 編集

イノベイターの一人であり、その纏め役。

本来はイオリア・シュヘンベルグが、「人類の変革」を遂行するべく生み出した人造生命体・イノベイドの一人。初期から計画に関わっていたためヴェーダへの高度なアクセス権を持ち、またガンダムマイスターとしての能力を与えられていたことから0ガンダムのマイスターでもあった。

しかし、イオリア計画では自分たちは使い捨てだと知ったことや、後述する性格から人間を見下していることもあり、自分こそ世界を支配するイノベイターになろうとし、アレハンドロに接触して、彼を利用した後ヴェーダを掌握した。他のイノベイターを創造し、地球連邦と協力して世界を裏で操る。その目的はイオリアの計画プラン「人類の変革」に則った行動だが、彼の介入による計画の変更によって本義を外れ、資本主義における人の利益追求と同じになった。結局裕福な人々には恩恵があり、貧困層には負担となった。

己の能力には絶対の自信があり、その能力ゆえ自分以外の他人(他のイノベイドも含め)を見下す態度をとる。また脳量子波により他のイノベイターを操ることができ、そして人類全てをイノベイター化して自身がその頂点に立つことを望んでいる。

終盤リジェネの凶弾によって倒れるが、その時点で掌握状態だったヴェーダのホスト権限を用いて、別に用意していた新たな同型の肉体に意識を移し、すぐさま復活している。

最終決戦では専用のモビルスーツ「リボーンズガンダム」で刹那と対決。ダブルオーと相打ちになるも、GNドライヴを一基回収。戦場を漂っていた「0ガンダム」に搭載し、ガンダムエクシアリペアIIに乗り換えた刹那と再度対決し拮抗したが、最後は刹那の経験値の前に敗れた。

ヴェーダ内に残存した彼のデータはもはや彼とは呼べない物と化しており、復活を望まなかったティエリアによってヴェーダの遥か奥にしまわれたと作品終了後に明かされている。

登場作品と役柄編集

機動戦士ガンダム00
初登場作品。1stシーズンではアレハンドロ・コーナーの側近として登場するミステリアスな人物だったが、アレハンドロの死後にその本性を現し他のイノベイドと共に台頭。2ndシーズンでも引き続き物語の裏で暗躍し、最終決戦において最後の敵として刹那達の前に立ち塞がった。
機動戦士ガンダム00P
00本編と同様、物語の裏で暗躍。後半(本編の5年前)はアレハンドロに付き従う姿が見られる。
機動戦士ガンダム00F
本編1stシーズンを裏側から書いているため、立場的には00本編と同様。
機動戦士ガンダム00I

人間関係編集

主要人物 編集

イオリア・シュヘンベルグ
彼の計画を改竄したが、イオリアの残した奥の手には何度も驚愕させられる羽目になる。
アレハンドロ・コーナー
1stシーズンでは彼の小姓的な立場で行動していた。アレハンドロは腹心の存在としてリボンズを利用しているつもりだったが、実際にはリボンズがアレハンドロを利用していた。
E・A・レイ
リボンズタイプのイノベイドの遺伝子提供者。声優も同じである。

イノベイター (イノベイド)勢力編集

リジェネ・レジェッタ
イノベイターの一員。勝手な行動を取る事が多いリジェネだが、意外にもリボンズは計画実現のために邁進するリジェネを高く評価していた事が小説版で明かされている。また、外伝00Iで登場した際はリジェネの行動を把握していたことを示す描写がある。
リヴァイヴ・リバイバル
イノベイターの一員。
ヒリング・ケア
イノベイターの一員。同じ塩基配列パターンを持つ。
ブリング・スタビティ
イノベイターの一員。
デヴァイン・ノヴァ
イノベイターの一員。
アニュー・リターナー
イノベイターの一員。
ビサイド・ペイン
00P、00Iに登場。同じ塩基配列パターンを持つイノベイドで、同じような傲慢さをもつが、リボンズの思惑とは正反対に人間のマイスター採用を阻止しようとする。彼の暗躍を知ったリボンズはその理由に思い至るも、いささか面白くなかったようだ。なおヴェーダにリンクしたイノベイドを脳量子波で操る「インストール」という能力は、もともとはビサイド特有の能力である。
アリー・アル・サーシェス
2ndシーズンでは彼を私兵として雇っていた。なお、当の彼からは「大将」と呼ばれている。リボンズをして、「ある意味人間の域を超えている」と言わしめた。
ネーナ・トリニティ

ソレスタル・ビーイング 編集

刹那・F・セイエイ
少年時代の刹那を0ガンダムで救い、彼がCBにスカウトされるよう便宜を図った。リボンズが0ガンダムに乗って刹那を救ったという事実は2ndシーズンで初めて明かされたように思えるが、実は1stシーズン小説版1巻のエピローグにおいて、0ガンダムのパイロット側の刹那を救った際のエピソードが語られ、その描写から正体はリボンズではないかと推測したファンも多い。そして、小説版ではその時の刹那の神を崇めるかのような様子がリボンズの野望に火を付けた事が明かされている。
高河氏のコミック「機動戦士ガンダム00 in those days」では彼女が「自由に書かせてもらった」と言う前置きをおいて、ヴェーダに残るリボンズの自意識が見た夢(?)で対峙。「自分のおかげで君は生きているのに」というリボンズの恨み節に、刹那は「その通りだ、お前がいたから俺が生まれた」と答えて手を差し伸べ、リボンズにイノベイドの生み出された本当の意味を気づかせる内容となっている。
ティエリア・アーデ
マイスターとして作られたイノベイドと言う点では同じだが、本来はリボンズが辿る筈だった滅びる道を肩代わりする事になった。リボンズは彼の育てた感情をニール・ディランディという人間に心を許しすぎた結果感化されていると一笑に伏したが、彼は他のガンダムマイスターと共に戦うことを選びリボンズと対立する。やがて一度は自らが射殺したはずの彼にヴェーダのホスト権限を奪還される事となる。
人類とイノベイドの未来に対してお互い真逆の道を生きたとも言え、水島監督曰くティエリアとリボンズは作品的な対であるとされる。なお最終回のリボンズと対峙するティエリアの絵コンテには、リボンズを抱きしめるように説得するという指示が付けられていた。
王留美
グラーベ・ヴィオレント
00P 2ndシーズンの主役。イノベイドでなく、人間をガンダムマイスターにするというリボンズの計画にとって最も重要だったスカウト担当。結果から見れば、チームのリーダーに的確な人間まで見つけてきた彼の有能さは、むしろリボンズに仇を成すこととなった。
ヒクサー・フェルミ
00P、00F、00Iに登場するエージェント。リボンズがグラーベを側面からサポートさせる意図も含め、人間扱いで支援機パイロットとして採用させたイノベイドだったが、ビサイドの介入で彼の運命は変わる。
フォン・スパーク
00Fの無頼漢主人公。人を手の内で躍らせて楽しむようなリボンズの態度を嫌悪している。

アロウズ編集

ルイス・ハレヴィ
連邦政府最大の出資者として優遇するが、計画遂行と人工的にイノベイターを作りだす為にしか過ぎなかった。
ホーマー・カタギリ
計画遂行の為に利用する。
ミスター・ブシドー
小説版では、ガンダムに対抗できる技量を持つ数少ないパイロットと認識していた。

民間人 編集

レイヴ・レチタティーヴォ
同じ塩基配列パターンを持つイノベイド。彼にヴェーダから下された命令も、それによって何が起きているのかも当然知っていた。彼の思惑はそれを利用することにあったようだが。

名台詞編集

1stシーズン編集

「やあ、覗き見かい?」
アレハンドロと留美の会話をカウンターから見守っていた紅龍への台詞。これがリボンズの初台詞である。…この頃は声だけはやたらと特徴があったものの、まだ物語の黒幕的な所は何も出していなかった。
「そんな気もないくせに…大人は嫌いだね」
第15話より。
「拾ってくださったことへの御恩返しはさせて頂きます」
アレハンドロに対して。
「アレハンドロ・コーナー、貴方はいい道化でしたよ」
「これはイオリア・シュヘンベルグの計画ではなく、僕の計画になっていたのさ」
「統一された世界の行く末は、僕に任せてもらうよ」
最終話で刹那に敗北したアレハンドロに対して、本心を暴露した。
「そういう物言いだから、器量が小さいのさ」
前述の場面の後に憤慨したアレハンドロに対して、視聴者の心情を代弁するかのように嘲笑した。コーナー家の悲願が達成できず、自分よりも劣ると見下していた刹那に敗北したうえにこの仕打ち。怒りに任せてモニターを殴りつけたがそれが精一杯で、直後に機体の爆発に巻き込まれて死亡した。ちなみにこのセリフは機動戦士ガンダム 逆襲のシャアのアムロのセリフのオマージュ。同じ声優に言わせるあたりがニクい。
「始まるよ、イノベイター。人類の未来が」
エピローグにて。

セカンドシーズン編集

「僕はイオリア・シュヘンベルグの計画を忠実に実行している」
「それは人には出来ない…。出来るのは僕達、イノベイターだけさ」
彼の自信が表れている台詞。しかしイオリアはそう思っておらず、遂には現実に思い知らされることになる。
「黙っていろ。意地汚い小娘が…!」
留美を平手打ちしたときの台詞。なんだかんだ言ってリボンズも余裕をなくしている。
「その中で必死で逃げ惑う一人の少年」
「僕は君を見ていたんだ…MSのコクピットからね」
自らあの時のガンダムのパイロットだと刹那に告げた台詞。
「君は僕に造り出されたことを忘れているようだね。いわば君にとって僕は創造主」
「人類を導くのはイノベイターではなく、この僕、リボンズ・アルマークだよ」
リジェネが「人類を導く事が出来るのは僕達イノベイターだ」という旨の発言をしたのに対して。自らを人類の頂点に立つ存在と称し、仲間のイノベイドをも見下すリボンズの傲慢さが集約されている台詞といっても過言ではない。
「勝手をするものには、罰を与えないと」
「フフフ…君を裁く者が現れるよ」
第21話でネーナが王留美を殺害した直後の台詞。留美だけでなくイノベイターやサーシェスも謀殺しようと画策していたネーナに対し、彼女が所有しているHAROを通して、死刑宣告と言えるメッセージを告げた。
「感謝してほしいな。君がその力を手に入れたのは僕のおかげなんだよ?刹那・F・セイエイ」
ついに自らモビルスーツで出撃し、刹那と対決する……のだが乗っているのがどう見てもガンキャノンだったので視聴者を戸惑わせた。もっともこのガンキャノンらしきモビルスーツの正体は次回で明らかになる。
「そうとも、この機体こそ……人類を導く、ガンダムだ!」
リボーンズガンダム登場。結局はリボンズも、『ガンダム』になりたかっただけなのだろうか。
「これは、運命だ……まだ僕は…戦える…!」
漂っている0ガンダムを見つけて。運命と言うより、単にラッセが無用心だっただけだが、リボンズの視点で考えると、こう言いたくなったのも無理はない(実際、ノベライズ版では「何故ここにあるのかが重要ではなく、そこに0ガンダムがある事こそが重要」と描写されている)。
「この…人間風情がァ!」
どうあっても刹那が真のイノベイターになったことを認めたくない様子が、ありありと見て取れる。

その他編集

「いや、違う。これから先はリボンズ計画だ!」
大森版の漫画にて。イオリア計画を私物化している。
「ふざけるな!!」
(何様のつもりだ!!)
「君が覚醒できたのも」
(何が純粋種だ!)
「いや、生きていられるのも」
(何が共に歩むだ!!)
「僕がいたからなんだ!僕が居たから計画は進行した」
(僕は救世主なんだ)
「GNドライヴは僕が一番うまく使えるんだ!!」
(そのために創られたんだ)
「なのに純粋種を生み出すための踏み台だと言うのか、僕は!!」
(じゃ、僕は何のために生きてきたんだ―――!?)
田口版の漫画にて。
(それがイノベイド【僕】の咎なのなら…)
田口版の漫画にて。
「無意識に脳量子波を制御している!? どういうことなんだ……!」
ガンダム無双シリーズより、ニュータイプのパイロットが活躍しているときの台詞。

迷台詞 編集

「行け、フィンファング!!」
ラジオ「ソレスタルステーション00」にて蒼月氏が放った中の人ネタ。同氏が言ってみたかった台詞との事で、以降、各種ゲームでリボーンズガンダムの武装「大型GNフィンファング」を使用する際の台詞として採用されている。
「…僕のほうが上手く扱えるな」
ゲーム「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム NEXT」PSP版にて。戦闘勝利後、僚機がガンダムの際に言うことがある。もちろん、アムロ・レイが反省房入りした際のセリフ「僕が一番、ガンダムを上手く扱えるんだ…!!」にかけてのもの。ただし、ゲーム中では初代ガンダムの性能が強力なので、実際にはリボーンズガンダムでも返り討ちに遭う可能性が高い。
「ついに手に入れた…オリジナルのゴッドガンダムを!」
ゲーム「SDガンダム G GENERATION」シリーズでゴッドガンダムに乗せた時の台詞。
元は00本編でオリジナルのGNドライヴを奪取した際の台詞だが…偽者のゴッドガンダムなんてあるのだろうか。
「圧倒的じゃないか!!」
Gジェネシリーズより上記のヒートエンド時。『1st』第36話でビグ・ザムの暴れっぷりを見たアムロが同様の発言をしているが、完全に真逆の立ち位置である。
「ダブルオーガンダムはこのボクにこそふさわしい」
「ツインドライブシステムが、自分だけのものと思っては困るな」
ガンダム無双シリーズでダブルオーライザーに乗ったときの台詞。後者に至っては本編でリボーンズガンダムを披露した上で放った台詞だが、機体を横取りしておきながらこの発言である。
「ま、まさか……まさか!そうさ……これはボクの機体だ!!」
「ボクなら一人でV作戦、できるんだけどね」
ガンダム無双シリーズでRX-78-2ガンダムに乗ったときの台詞。0ガンダム涙目である。後者の台詞に至っては本当に実行したのだから恐れ入る。
「その傲慢な態度はよくないな!」
Gジェネシリーズよりリボンズが乗るRX-78-2ガンダムでビームライフルを撃つときやフリーダムガンダムのフルバーストやダブルオーライザーでGNソード・ライフルモードを撃つときに聞ける。完全にブーメラン発言である。
リボンズ「見せてくれよ、アムロ・レイ 伝説のニュータイプの力……!」
アムロ「……シャアより厄介だな、お前」
ガンダム無双シリーズにてアムロ(CCA)との合流時の台詞。会うや否や尊大な発言をしてしまったため、「お前」呼びで邪険にあしらわれるリボンズだった。中の人が同じな上、初対面でこの態度なのだから確かに厄介ではある。
「ぐぅっ! ボクの脳量子波を乱すなぁっ!!」
ガンダム無双シリーズよりドモン、東方不敗とのコンビネーションSP攻撃で掛け合うときの台詞。さすがのリボンズもGガン勢の暑苦しさには堪えるようだ。
真はシュバルツとの掛け合いまでこうなる。
「ちょっと静かにしてくれないかな…… ボクのペースを乱すなよ……っ!」
「あんまりボクの脳粒子波[1]を乱さないでほしいね……!」
『真・ガンダム無双』でプルやドモン、ミスター・ブシドーなどと合流時や敵遭遇時に掛け合うとき。
リボンズより先に喋っただけで、急に脳量子波が壊れかける。しかもこのキレっぷりである。ハイテンションな人物が苦手な様子だが、それだと00本編で雇っていたサーシェスも該当するような気がしないでもない。
「人間風情が!!」
「ま、まさか!? この人間風情が!!」
ガンダム無双シリーズやGジェネシリーズにおける被撃墜時の台詞。
00本編では刹那に向けて放った台詞だったが、汎用台詞であるがためにゲーム中では無人機であろうと金属生命体であろうと誰彼かまわず叫んでしまう。
「人間風情が天才ねぇ……??」
ガンダム無双シリーズでシロッコとのコンビネーションSP攻撃で掛け合うときの台詞。が、彼の場合、自分でモビルスーツを設計・開発、自らの手でティターンズを掌握、ハマーンとオーラを出しながら張り合う等々、ガンダムシリーズでも類稀なる人物であるので…

搭乗機体・関連機体編集

0ガンダム
『00』本編以前の搭乗機。
リボーンズガンダム オリジン
『00V』にて搭乗。
リボーンズガンダム
『00』2ndシーズン第24話~第25話で搭乗。
0ガンダム (実戦配備型)
『00』2ndシーズン第25話でリボーンズガンダムから乗り換え。

余談編集

  • 割と初期からバレバレだったが、声優を勤めた「蒼月昇」の正体は古谷徹氏であった。これは、以前から古谷氏は「自分がガンダムに出演するときは、アムロ以外はやらない」と公言していた。だが、前シリーズとなる『DESTINY』に池田秀一氏がギルバート・デュランダル役で出演した際に古谷氏も出演してはどうか、と勧められたのだという。池田秀一といえばもちろん『1st』のシャア・アズナブル役として絶対的な知名度を誇っていたが、プライベートでも古谷氏と懇意にしていたことから、その影響を受けてリボンズ役を引き受けたのだという。
    しかし、前述のとおり「アムロ以外はやらない」と公言していた手前、名前を変え「蒼月昇」として出演。律儀に自分の発言を(表向きだが)守っていた。とはいえ、第1話の次回予告からしてもう正体を見破られるというオチがついてしまう。それでも放映終了後までは頑として「蒼月昇=古谷徹同一人物説」を認めず、トークショーにもサングラス姿で現われるなど徹底して「謎の大型ベテラン新人」として振舞っていたという。
    リボンズ・アルマークのキャラクターとしては「冷静で皮肉屋、傲慢なキャラクター」という今までの古谷氏の演じるキャラクター達とは毛色が異なり、また違った魅力が見られたと好評で、前述の古谷氏の発言を咎める声はほとんど聞かれなかった。ちなみにアムロ役もそれまでの古谷氏の主な傾向であった「巨人の星」の星飛雄馬や「鋼鉄ジーグ」の司馬宙といった「熱血系」と異なる内向的な思春期の少年で、「ガンダム」が古谷氏の新しい魅力を再び引き出すこととなった。
    現在は蒼月昇の正体は古谷徹であることを認めているが、一部のファンからは「(名探偵コナンの)コナン君の正体が新一のはずがない」と同じ用法で「蒼月昇の正体が古谷徹のはずがない」とネタにされる事も。

商品情報編集

資料リンク編集

リンク編集

脚注編集

  1. 正しくは脳量子波である