メインメニューを開く

概要編集

モルゲンレーテ社が開発した地球連合軍モビルスーツで初期GAT-Xシリーズの一機。アウトレンジからの支援攻撃が目的であり、ミサイルやガンランチャー、収束火線ライフルなどの豊富な長射程の射撃武装を持つ。また、短時間でのフェイズシフトダウンを避ける為、本体用以外にも350mmガンランチャーや94mm高エネルギー収束火線ライフルにそれぞれサブジェネレーターが内蔵されている。また、両膝にもサブバッテリーが内蔵されている。ガンランチャーと収束火線ライフルを組み合わせる事で武装の破壊力を向上させる事ができるが、銃身の負担も大きく、短時間での連続使用は不可能。5機のGの中でも最大の火力を持つ反面、他のGの大半が装備しているビームサーベル、シールド、バルカンなどは装備していない為格闘戦は不得手である。本機の量産機としてバスターダガーが少数生産されるものの、制式採用は見送られている。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダムSEED
ヘリオポリスザフト軍クルーゼ隊に強奪され、ディアッカ・エルスマンの愛機となった。しかし、当初は後方支援用の機体というコンセプトを理解していなかったのかパイロットの性格のせいか、本機で戦闘の最前線に出て来てストライクガンダムと交戦する事も多かった。その後はストライクはイザークデュエルガンダムに任せ、アークエンジェルを狙った。大気圏ギリギリで仕掛けた際にデュエルと共に地球に降下し、砂漠にてバルドフェルド隊と共にアークエンジェルと交戦し、その後も幾度もアークエンジェルに仕掛けている。そしてオーブ近海の戦闘でムウの駆るスカイグラスパーに撃墜され、投降。そのままアークエンジェルに回収されたままアークエンジェルが地球軍を離反し、オーブに身を寄せた際にモルゲンレーテ社に搬入され、修復。オーブ開放作戦時にディアッカが再び乗り込んでアークエンジェルに協力した。それ以降、アークエンジェルの艦載機となり、コロニーメンデルやヤキン・ドゥーエ攻防戦ではピースメイカー隊の核ミサイル迎撃などで活躍したが(スペシャルエディションIIIではレイダーガンダムを撃墜するという戦果も挙げている)、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦でプロヴィデンスガンダムと交戦。ドラグーン・システムで一方的に攻撃を受け、中破した。

装備・機能編集

特殊機能編集

フェイズシフト装甲
通電させる事で相転移する特殊な装甲で、物理攻撃を無効化する。通常はグレー一色だが、通電させると色が変化する。大気圏突入なども可能になるが、エネルギーを大量に消費する上、高出力のビーム兵器などには弱いという欠点もある。

武装・必殺攻撃編集

350mmガンランチャー
右腰アーム側に接続される電磁レールガン。散弾による複数目標への攻撃等「面」の破壊に特化された武装。通常の質量弾頭の他にも、AP弾(徹甲弾)やHESH弾(粘着榴弾)等の各種特殊弾頭も射出可能。
現実のガンランチャーは「ミサイルも発射できる大砲」なのだが、元々別の場所にミサイルポッドを装備している為かバスターがガンランチャーからミサイルを発射したことはない。
94mm高エネルギー収束火線ライフル
左腰アームに接続される大型ビームライフル。他の系列機に比べ大口径、高出力を誇り、当時の戦艦の主砲をも上回る火力を持つ。
対装甲散弾砲
350mmガンランチャーを前に、94mm高エネルギー収束火線ライフルを後に連結した形態。一度に無数の弾を撃ち出し、複数の敵に打撃を与える、対艦・対MS(MA)用のショットガンのようなもの。連結モード時の制約として砲身への負担が大きいため、連続射撃は不可能となっている。
超高インパルス長射程狙撃ライフル
94mm高エネルギー収束火線ライフルを前に、350mmガンランチャーを後に連結した形態。精密な長距離射撃を行う事が可能。基本的なバンク映像はこれ。連結モード時の制約として砲身への負担が大きいため、連続射撃は不可能となっている。
220mm径6連装ミサイルポッド
両肩に装備されたミサイルポッド。本機の白兵戦能力の低さをカバーする為に搭載された武装で、攻撃兵器としては充分な火力を持つものの、基本的に弾幕形成による敵の幻惑・撹乱やミサイル迎撃等、近接防御に使用される事が多い。が、クルーゼのプロヴィデンスには通用しなかった。

対決・名場面編集

関連機体編集

ヴェルデバスター
アクタイオン・プロジェクト」によって再設計されたバスター。
ヘイルバスターガンダム
ライブラリアンが独自に改修したバスター。
デュエルガンダムストライクガンダム
同じX100系のフレームを採用。
カラミティガンダム
バスターの系譜に連なる、実質的な後継機。
バスターダガー
ダガーをベースにした、バスターの量産仕様機。

商品情報編集

リンク編集