メインメニューを開く
プロヴィデンスガンダム
外国語表記 Providence Gundam
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
正式名称 プロヴィデンス
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 ZGMF-X13A
全高 18.16m
重量 90.68t
動力 核エンジン
装甲材質 フェイズシフト装甲
開発組織 ザフト軍
所属組織 ザフト軍
パイロット ラウ・ル・クルーゼ
テンプレートを表示

概要編集

ザフト軍が開発した試作型モビルスーツ。所謂「ザフト・ガンダム」の内の一機で、フリーダムジャスティスとは同時期に開発されていた、いわば兄弟機ともいえる立場にある。
ニュートロンジャマーキャンセラーの採用によって動力は核エンジンとなったほか、連合製G兵器のデータをもとにPS装甲を始めとする最新技術も惜しみなく投入され、火力、機動力、防御性といったあらゆる面において在来機を遥かに凌駕する高性能MSとして完成した。

宇宙空間での運用を主に想定していたのか、機動力自体はフリーダム、ジャスティスを下回るが、それを補って余りある火力が特徴。
その火力を堅持するのが、本機の最大の特徴であるバックパックと腰のジョイントに装備された無線式自動攻撃兵器、通称「ドラグーン・システム(Disconnected Rapid Armament Group Overlook Operation Network・system=DRAGOON SYSTEM:分離式統合制御高速機動兵装群ネットワーク・システム)」の存在。無線式となったことで連合製のガンバレルを上回る複雑なオールレンジ攻撃を可能とし、宇宙空間では圧倒的ともいえる戦闘能力を獲得したが、同時にパイロットには超人的な空間認識能力が要求されることとなった。そのため本機は実質的に、その適正が確認されているラウ・ル・クルーゼの専用機となっている。

開発当初は4本のビームサーベルを搭載した近接戦闘用の機体となる予定だったが、核エンジンから供給される無尽蔵ともいえるエネルギーや、パイロットが空間認識能力の高いクルーゼに決まった事もあり、機体の基本設計が終了した後に急遽ドラグーン・システム搭載機に変更されることとなった。その影響で機体腹部には量子通信ケーブルの一部が露出してしまっているが、ケーブル部分もPS装甲で覆われており、弱点となることを防いでいる。

クルーゼの専用機として開発が行われたためか、頭部にはクルーゼの仮面に似た形状のフェイスカバーが取り付けられている。

最終回を含めわずか2話のみの登場であったが、パイロットのクルーゼの活躍と相まってSEED系MSの中でも屈指の人気を誇る。尚、意外な事にこの機体形状で大気圏内の飛行も可能とされている。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダムSEED
第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦にて、ラウ・ル・クルーゼが搭乗して出撃。
連合、オーブの量産MSをことごとく葬り去り、ムウ・ラ・フラガの駆るストライクディアッカ・エルスマンバスターといったエース級のMSも機体性能差とクルーゼの操縦技術によって一瞬のうちに戦闘不能とした。
最終的にはキラ・ヤマトのフリーダムとの一騎打ちとなり、お互いに各部を損傷するも、最期はビームサーベルでコクピットを貫かれ、ジェネシスから発射されたレーザーの直撃を受けて爆散した。

装備・機能編集

特殊機能編集

フェイズシフト装甲
通電させる事で相転移する特殊な装甲で、物理攻撃を無効化する。通常はグレー一色だが、通電させると色が変化する。
大気圏突入なども可能になるが、エネルギーを大量に消費する上、高出力のビーム兵器などには弱いという欠点もある。
ニュートロンジャマーキャンセラー
ニュートロンジャマーを無効化する装置。

武装・必殺攻撃編集

MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御用機関砲
頭部及び肩部に装備されたバルカン砲。
対人戦や、ミサイル等の迎撃時に使用される。ピクウスは「きつつき」の意。
MA-M221 ユーディキウム・ビームライフル
ドレッドノートガンダムの物の改良型である肩掛け式の大型ビームライフル。
その大きさゆえ取り回しに難があるが、フリーダム、ジャスティスのルプス・ビームライフルを上回る出力を持つ。ユーディキウムは「審判」の意。
MA-V05A 複合兵装防盾システム
対ビームシールドに大型ビームサーベルと2門のビーム砲を内蔵した複合兵装。
ザフト独特の「一つの武器に多数の機能を持たせる」という思想の元に開発されており、腕にかぶせるようにして使う。
武器としての取り回しを優先させた為、シールドとしての性能は低いが、近接戦闘用の武装としての性能は申し分なく、極めて強力である。
ドラグーン・システム
本機の最大の特徴といえる兵装で、宇宙世紀におけるビットファンネルに相当する。
連合側のMAであるメビウス・ゼロのガンバレルの運用思想を模倣・発展させた物で、無線式となったことでさらに複雑な操作が可能となった。
ビーム砲を9門内蔵する大型のものを3基、2門内蔵する小型のものを8基、計11基43門装備している。背部バックパックに大型3基と小型2基の合計5基、腰部に小型6基が装備され、背部の小型2基は分離せずに可動砲台としても使用可能。
操作には超人的な空間認識能力を必要とするが、当時のザフト軍においてその適正が確認されたのは、ラウ・ル・クルーゼのみであった。

対決・名場面編集

エールストライクガンダム
機体性能差を乗り越えてプロヴィデンスに肉薄するも、最終的には各所にダメージを受け、追いつめられて戦線離脱。
バスターガンダム
アークエンジェルを守るために攻撃を加えたが、プロヴィデンスの前にそれは掠りもせず、逆にドラグーンを交えた猛攻により一瞬で中破、戦闘不能に追い込まれた。
フリーダムガンダム (ミーティア)
両アームを破壊されながらも、ドラグーンによる激しいビームの雨をミーティアの機動性で必死に振り切ろうとしたが、ついにはエンジン部分にビームサーベルの一撃を喰らい、キラはミーティアを破棄せざるを得なかった。
フリーダムガンダム
お互いに一進一退の攻防を繰り返すも、最終的にはドラグーンの攻撃を受けながらもビームサーベルを構え突撃したフリーダムによってコックピットを貫かれ、クルーゼは戦死。さらにジェネシスから発射されたレーザーが直撃し機体も爆散、核爆発を起こした。先のミーティア戦も含めるフリーダムとの一連の戦いの中で、お互いから数々の名台詞が飛び出した。

関連機体編集

余談編集

  • この機体については当初登場予定がなく、設定も用意されていなかった。しかし福田監督曰く「ガンダムでないと今のキラ達に太刀打ちできない」ということから、急遽デザイナーの大河原邦男氏に発注され(彼は1週間で作成したという)、設定が作られる。さらにその存在は劇中に登場するまで隠蔽され、アニメ誌などにも掲載されていなかった。

商品情報編集

ガンプラ編集

フィギュア編集

話題まとめ編集

資料リンク編集

リンク編集