モビルアーマー

モビルアーマー(Mobile Armor)編集

ガンダムシリーズに登場する機動兵器の一種。略称は「MA」。作品によって扱いや設定等が異なる事があるが、主に敵方の強敵として登場し、物語を盛り上げる役割を担う。

人型兵器であるモビルスーツとは違い非人型兵器としてデザインされている傾向が強く、主に動植物や架空の怪物などを思わせるフォルムで纏められている。

元々は「機動戦士ガンダム」作中にテコ入れとして登場させた一話限りのゲストメカであったが、人型では出来ない演出や設定などもあって人気を獲得し、以降のシリーズでも登場するようになった。

なお、一部ゲーム作品ではカテゴライズの都合から非人型形態を総じてMAとして扱うケースも存在するが、設定上のカテゴリーは別兵器となる場合がある為、注意が必要となる。

各世界観におけるモビルアーマー 編集

宇宙世紀編集

非人型の既存の機動兵器(航空機・航宙機など)とは異なる形態の機動兵器の総称。モビルスーツとは逆に人型の汎用性を犠牲にし、活動領域や運用条件を限定した事で機体性能を引き上げている。なお、ジオン公国軍ではMSの実用的限界は80tクラスまでと定められており、それ以上の機体をMAと定義している。

MSと比較して大型かつ重装備だが、その分高出力のジェネレーターを搭載し、メガ粒子砲Iフィールドを備える機体も多い。中には「決戦兵器」として開発された機体も少なからず存在する他、その機体サイズからサイコミュシステムを搭載するだけの余裕がある為、ニュータイプ専用機も開発されている。

一年戦争時にルナタンクから発展したアッザムを雛型としつつ、ジオンによって様々なコンセプトを持つMAが開発された。戦後は人型への可変機構を持つ機体や、MSを内部に収納する機体などが開発されていった。

反面、機体が大型化した事で汎用性に乏しく、整備性やコストパフォーマンスもMSに劣る為、量産化もほぼ行われない。ジオン残党軍は、数の少なさを性能で補う切り札的に運用する事もあるが、上記の理由から大した成果を残さず破壊されることも多い。

なお、ガンタンクボールなどをモビルアーマーと分類する資料もあるが、これらは既存機動兵器などの延長にある為[1]、厳密にはモビルアーマーにはカテゴライズされていない。

コズミック・イラ編集

主に地球連合軍が運用した汎用型の重戦闘機の事を指し、それまでの宇宙用戦闘機の延長線上に存在するとされる。

基本的に敵戦艦を始めとした大型の目標との戦闘を前提としている為、ザフト軍の新兵器「モビルスーツ」の登場により旧式化。その後、地球軍側もモビルスーツの開発に成功し、主力兵器の座を追われる事となった。なお、この頃の主力MAであったメビウスとザフト軍のジンとの戦力比は3:1であったとされる。

C.E.73年時にはMSの技術をフィードバックした大型の機体が開発されており、その多くが大型・大火力でなおかつ陽電子リフレクターも搭載している。

西暦編集

非人型の機動兵器の総称で、主にモビルスーツより前の世代の機体を指している。人類革新連盟(人革連)やAEUが主に運用する。

人革連では小型モビルアーマーが主に運用されており、歩兵とモビルスーツの中間にある兵器として位置付けられている。MSの支援や対人兵器としての運用が主になり、戦闘ではMS1機に対して小型MAが2~3機程度随伴し、露払いを行う[2]また、人革連のパイロットはMSの操縦訓練の前段階として小型MAの操縦法を習得する事が慣例となっている。

AEUでは「バディクラフト」と呼ばれるMSとの合体機構を有したタイプが主流となっており、MSを管制ユニットとして戦闘を行う以外にも、物資や兵員の輸送等、多彩な運用が可能となっている。

後にイノベイド達が開発した大型モビルアーマーが登場。これらは前述のモビルアーマー群とは兵器として全く異なる本質を持っていた為、本来ならば新たなカテゴリー名をつけるべきなのだが、現状では「モビルアーマー」で統一されている。これらの機体はそのサイズを利用して擬似太陽炉を複数基搭載し、それによる高出力を活かした火力や防御力を増強している。このような機体群が生まれたのは、イノベイド達が少数精鋭であったが故に圧倒的な戦力を見せ付ける必要があったからと考えられている。

P.D編集

高度な機械化とそれに伴う戦争の無人化によって生み出され、厄祭戦の元凶となった対人殺戮兵器。それぞれの機体の固有名称は天使の名前に由来している。

モビルスーツと同様にエイハブ・リアクターを動力源とし、装甲にナノラミネートアーマーを使用しているが、最大の特徴として「人間を殺すこと」を基本プロトコルとして行動する完全な無人機として開発されている点にある。そのため、外部からの操作を必要とせず、自ら状況を判断して行動する。同時にこのプロトコルのため、戦闘では敵機のコックピットを執拗に狙うほか、場合によっては眼前の敵ではなく人口密集地を優先して殲滅を行う場合もある。

また、その他の特徴として随伴機であるプルーマを従えられる点が挙げられる。MA自体がプルーマの製造機能を持ち、資材と時間さえあれば大隊規模の軍隊を生み出す事も可能である[3]。更にはナノラミネートアーマーによって有用性の失われたビーム兵器も「人間を効率良く殺戮出来る」という理由からあえて装備している。

ガンダム・フレームをはじめとする厄祭戦時代のMSは、これらMAに対抗する為に開発された物であり、その為MAはMSの存在を「敵」と学習・認識している。また、かつてのギャラルホルンでははこれを撃破した者に「七星十字勲章」が授与された[4]

該当する機体編集

宇宙世紀編集

ビグロ
グラブロ
ザクレロ
アッザム
ブラウ・ブロ
エルメス
ビグ・ザム
ヴァル・ヴァロ
ノイエ・ジール
グロムリン
ジャムル・フィン
ビグ・ラング
ゾディ・アック
α・アジール
シャンブロ
ネオ・ジオング
ラフレシア
ドッゴーラ
ディビニダド
ビルケナウ

未来世紀編集

ファントマ

A.W.編集

フェブラル
ガディール
グランディーネ
パトゥーリア
エスペランサ

コズミック・イラ編集

メビウス・ゼロ
メビウス
ミストラル
キメラ
ザムザザー
ゲルズゲー
ユークリッド
プロトカオス
エグザス
ペルグランデ

西暦編集

トリロバイト
レグナント
エンプラス
ガデラーザ

P.D.編集

ハシュマル

関連用語編集

可変モビルアーマー
モビルスーツ
可変モビルスーツ

リンク編集

脚注編集

  1. ガンタンク→戦車、ボール→スペースポッド
  2. この際、MA部隊は有人機1機・無人機2機の1小隊が形成される。
  3. プルーマ自体はナノラミネートアーマーを持たず火器で破壊出来るものの本体のMAが健在である限り無数に製造される。また、動きも俊敏な事に加え、本体からのエネルギーの供給で稼働時間に制限がない事から大隊規模となった場合の戦闘力は計り知れない。
  4. これが現在まで続くセブンスターズの由来となっている。