メインメニューを開く

チャック・キース

目次

チャック・キース(Chack Keith)編集

概要編集

コウと共にナイメーヘン士官学校を卒業後、オーストラリアのトリントン基地で訓練を受けていたテストパイロット。階級は少尉。 コウと共に、ガトーガンダム試作2号機を奪う場面に遭遇し、その追撃任務につく。陽気で多少気が弱いが、持ち前のバイタリティでデラーズ・フリートとの戦いを生き抜いた。最初は美人のニナにアタックをかけていたが、メカニックのモーラと意気投合、いい仲になる。

登場作品と役柄編集

人間関係編集

コウ・ウラキ
士官学校からの友人。アルビオン所属後も積極的に彼のサポートを務めた。
サウス・バニング
上官。彼の叱咤激励により、戦闘に対し弱気だったキースもパイロットとして成長していった。
ニナ・パープルトン
初対面時にアタックをかけるが、敢え無く失敗に終わった。が、その場にいたモーラとは後々いい関係に。
モーラ・バシット
メカニック。当初は特に関係も無かったが、いつの間にか良い仲に発展していた。
ディック・アレン
同僚のテストパイロット。試作2号機追撃戦で編成を組んでいたが、敵の奇襲により眼前で戦死。一応、その後の戦闘で仇討ちを果たしている。

名台詞編集

「コウ、戦況は絶えず変化するんだ。まごまごしていると孤立しちまうぞ~!」
いつの間にかキースがモーラと付き合ってることを知って驚いたコウに対して。

搭乗機体・関連機体編集

ジム・キャノンII
アルビオン所属時の搭乗機。大きな戦果は上げていないものの、的確なサポートでコウ達を支えた。
ザクIIF2型
テストパイロット時の搭乗機。試作2号機追撃戦ではドム・トローペンの撃墜に成功している。
ゲルググM
北米オークリー基地所属時の搭乗機。トリントン基地のF2型と同様のカラーリングになっている。同基地に転属してきたコウをピースサインで出迎えた。
GファイターII
『REBELLION』で搭乗。

商品情報編集

リンク編集