機動戦士ガンダム 水星の魔女

機動戦士ガンダム 水星の魔女
外国語表記 Mobile Suit Gundam THE WITCH FROM MERCURY
原作 矢立肇
富野由悠季
監督 ⼩林寛 (監督)
安藤良 (副監督)
シリーズ構成 大河内一楼
キャラクターデザイン モグモ (原案)
田頭真理恵
戸井田珠里
高谷浩利
メカニックデザイン JNTHED
海老川兼武
稲田航
形部一平
寺岡賢司
柳瀬敬之
音楽 大間々昂
制作 バンダイナムコフィルムワークス
創通
MBS
放送局 MBS・TBS系列
放送期間
  • 第1クール:2022年10月2日~2022年12月(予定)
  • 第2クール:2023年4月~2023年6月(予定)
テンプレートを表示

概要編集

2022年放送のTVシリーズ。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の完結以来5年ぶりのTVシリーズとなり、『鉄血のオルフェンズ』の完結と共に一度終了したTBS・MBS系列の日曜午後5時枠(通称「日5」)の再開に合わせ放送された。また、本編放送に先駆けて前日譚『PROLOGUE』が2022年7月14日より公開された。

TVシリーズで初めて女性を主人公とした作品として注目を集めた[1]他、学園を舞台としたストーリーや各企業との積極的なコラボレーションなど、これまでのシリーズになかった要素を前面に打ち出し、特に新規層の開拓に力を入れている。

1クール毎の分割放送方式を採用しており、第1クールは2022年10月から2022年12月まで放送し、第2クールは2023年4月から6月まで放送される。なお、1クール・2クールの合間には『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』、『機動戦士ガンダムNT』、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のTV再編集版が放送予定。

ストーリー編集

A.S.(アド・ステラ)122――

数多の企業が宇宙へ進出し、巨大な経済圏を構築する時代。

モビルスーツ産業最大手「ベネリットグループ」が運営する「アスティカシア高等専門学園」に、辺境の地・水星から一人の少女が編入してきた。

名は、スレッタ・マーキュリー。無垢なる胸に鮮紅の光を灯し、少女は一歩ずつ、新たな世界を歩んでいく。

登場人物編集

学園生徒 編集

スレッタ・マーキュリー
本作の主人公。水星から編入してきた少女。パイロット科2年生。
ミオリネ・レンブラン
成績優秀な経営戦略科2年生。ベネリットグループの総裁、デリング・レンブランの一人娘。
グエル・ジェターク
ジェターク社の御曹司で、パイロット科3年生。
エラン・ケレス
ペイル社が擁立するパイロット科3年生。強化人士と呼ばれる強化人間。
シャディク・ゼネリ
グラスレー社CEOの養子。パイロット科3年生。
チュアチュリー・パンランチ
地球寮に所属するパイロット科1年生で、愛称はチュチュ。
ニカ・ナナウラ
地球寮所属。メカニック科1年生。
ラウダ・ニール
ジェターク寮の副寮長を務めるパイロット科3年。グエルの異母兄弟。
フェルシー・ロロ
パイロット科2年。ジェターク寮所属。グエルの取り巻き。
ペトラ・イッタ
メカニック科2年。ジェターク寮所属。グエルの取り巻き。
セセリア・ドート
ブリオン寮所属。経営戦略科2年。決闘委員会の一人。
ロウジ・チャンテ
ブリオン寮所属。メカニック科1年。決闘委員会の一人。
マルタン・アップモント
経営戦略科3年。地球寮の寮長。
ヌーノ・カルガン
メカニック科2年。地球寮所属。
オジェロ・ギャベル
メカニック科2年。地球寮所属。ギャンブル好き。
ティル・ネイス
メカニック科3年。地球寮所属。
リリッケ・カドカ・リパティ
経営戦略科1年。地球寮所属。
アリヤ・マフヴァーシュ
メカニック科3年。地球寮所属。
カミル・ケーシンク
メカニック科3年。ジェターク寮所属。
サビーナ・ファルディン
パイロット科3年。グラスレー寮所属。シャディクの補佐役。
エナオ・ジャズ
パイロット科3年。グラスレー寮所属。
レネ・コスタ
パイロット科2年。グラスレー寮所属。
イリーシャ・プラノ
パイロット科2年。グラスレー寮所属。
メイジー・メイ
パイロット科2年。グラスレー寮所属。
ハロ
フロントでの生活で活用されるインフラロボット。

ベネリットグループ編集

デリング・レンブラン
ベリネットグループの総裁。カテドラルの統括代表。ミオリネの父親。
サリウス・ゼネリ
グラスレー社CEO。シャディクの養父。
ヴィム・ジェターク
ジェターク社CEO。グエルの父親。
ニューゲン / カル / ネボラ / ゴルネリ
ペイル社の共同CEO。
ラジャン・ザヒ
カテドラルの一員。デリングの部下。
プロスペラ・マーキュリー
シン・セー開発公社CEO。GUNDで失った身体を補う仮面の女性。スレッタの母。
ベルメリア・ウィンストン
ペイル社の技術研究員。元ヴァナディース機関の一員。

登場メカ編集

GUND-ARM編集

ガンダム・エアリアル
ガンダム・ファラクト
ガンダム・ルブリスウル
ガンダム・ルブリスソーン

ジェターク・ヘビー・マシーナリー 編集

ディランザ
ディランザ グエル専用機
ディランザ ラウダ専用機
ディランザ・ソル
ダリルバルデ

グラスレー・ディフェンス・システムズ 編集

ミカエリス
ハインドリー
ハインドリー・シュトルム
ベギルペンデ

ペイル・テクノロジーズ 編集

ザウォート
ザウォート・ヘビィ

ブリオン社 編集

デミトレーナー
デミトレーナー チュチュ専用機
デミギャリソン

その他 編集

ティックバラン
カペル・クゥ
クリバーリ
モビルクラフト

用語編集

A.S.(アド・ステラ)
本作の年紀法。
スペーシアン / アーシアン
宇宙出身者と地球出身者。宇宙産業の発展から両者間の経済格差が広がった事で、アーシアンとスペーシアンの間に軋轢が生じている。
アスティカシア高等専門学園
ベネリットグループの運営する学校。学校施設はフロント内に建造されており、パイロット科、メカニック科、経営戦略科学科が存在する。生徒間のトラブルを解決する手段として決闘があり、それを承認する為の決闘委員会も設けられている。
ジェターク寮 / ペイル寮 / グラスレー寮
学園の寮。それぞれベネリットグループの「御三家」と呼ばれる企業の名前を冠する。
地球寮
アーシアンの所属する寮。家畜の飼育も行われている。
ホルダー
決闘で選ばれたナンバー1パイロットの称号。白い制服とノーマルスーツの着用が許される。
ベネリットグループ
アスティカシア高等専門学校を運営するMS産業最大手の企業。ジェターク・ヘビー・マシーナリーペイル・テクノロジーズグラスレー・ディフェンス・システムズの御三家をはじめ、数多の企業を傘下に持つ。
GUNDフォーマット
人類が宇宙へ適応する為の手段として開発されたサイバネティクス「GUND」をMS用に発展させた技術。これを搭載し、領域横断的な戦闘能力を獲得した機体はGUND-ARMと呼ばれる。
パーメット
太陽系内に偏在する鉱物から発見された元素。GUNDフォーマットの媒介や電子対抗装備に用いられる。
フロント
宇宙空間に造られた巨大人工居住施設。小惑星を基部に建造される。
モビルスーツ開発評議会
モビルスーツ開発の互助を目的とした組織。MSメーカーのCEO達がメンバーを務める。
カテドラル
モビルスーツ開発評議会傘下の監査組織。
強化人士
GUND-ARM運用の為に人為的な強化措置が施された強化人間

楽曲編集

オープニングテーマ編集

祝福(第1話エンディングテーマ、第2話~)
歌:YOASOBI
後述の「ゆりかごの星」を原作とした楽曲。アニメPVが製作され、第1話ではそれを元にした映像がEDで使用された。

エンディングテーマ 編集

君よ 気高くあれ(第2話~)
歌:シユイ

各話リスト編集

話数 サブタイトル 備考
1 魔女と花嫁 
2 呪いのモビルスーツ
3 グエルのプライド
4 みえない地雷 
5 氷の瞳に映るのは 
6 鬱陶しい歌
7 シャル・ウィ・ガンダム? 
8 彼らの採択
9 あと一歩、キミに踏み出せたなら 

関連作品編集

機動戦士ガンダム 水星の魔女 PROLOGUE
本作の21年前に起きたヴァナディース事変を描いたアニメ作品。イベント公開の後、ネット配信が行われた。2022年9月25日には本作に先駆けてテレビ放送された。
ゆりかごの星
本作のオープニングテーマである「祝福」の原作となった大河内一楼による書き下ろし小説。水星に住んでいた頃のスレッタの成長がガンダム・エアリアルの視点から語られる。本編のテレビ放送開始と共に公式サイトで公開され、「祝福」の完全限定生産盤にも付属する。

商品情報編集

資料リンク編集

リンク編集

脚注編集

  1. アニメ作品初の女性主人公は『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』のセレーネ・マクグリフ