メインメニューを開く
ミーティア
外国語表記 METEOR
登場作品
テンプレートを表示
スペック
分類 アームドモジュール
全長 99.46m(MS合体時)
全幅 60.12m(MS合体時)
重量 552.42t(本体のみ)
主動力
開発組織 ザフト軍
所属
母艦 エターナル
テンプレートを表示

概要編集

ザフト軍が開発したアームドモジュール。核エンジンを搭載しているモビルスーツの使用を前提に開発された。また、専用母艦としてエターナルも開発されている。ミーティアの名はモビルスーツ埋め込み式戦術強襲機(Mobilesuit Embedded Tactical EnfORcer)から取られている。

当初はザフト版のストライカーパックシステムに位置付けられる補助兵装として開発されていたが、核エンジンを搭載している機体への採用が決まったため、火力と機動力に重点を置いて開発された。これにより戦艦数隻分の火力と戦闘機並みの機動力を得ることができたが、さすがに小回りは利かず、対モビルスーツ戦においては分離することが勧められている。ミーティアにはモビルスーツの携行武装を収納するスペースが備わっており、分離後も速やかに戦闘を行うことが可能。本体の動力はバッテリーとなっているが、これは移動用であり戦闘に使用できるほどの電力を有しているわけではないので、単機で戦闘を行うことは不可能である。全砲門を展開することも可能だが、これにはモビルスーツ側に搭載されているマルチロックオンシステムが必要不可欠となっている。

本機はユニウス条約の締結によって表向きには解体されたことになっているが、解体を請け負ったジャンク屋組合からいくつかの機体は流出してしまっている。また、ナンバー05と06はジャンク屋組合によってミーティア本体に核エンジンが搭載されている。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダムSEED
ナンバー01と02がエターナルと共に登場している。フリーダムガンダムジャスティスガンダムが使用しており01は大破、02は現存していたがその後の行方は不明である。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
エターナルと共にナンバー07と08が登場。ストライクフリーダムガンダムインフィニットジャスティスガンダムが使用しており、両機とも現存したまま終戦を迎えている。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
解体処分待ちだったナンバー05と06が登場している。ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドLイライジャ専用ザクファントムが使用しており、使用後は再びジャンク屋組合に戻された。

装備・機能編集

特殊機能編集

合体
モビルスーツと合体可能。
ニュートロンジャマーキャンセラー
ニュートロンジャマーを無効化する装置。05と06に搭載されている。

武装・必殺攻撃編集

93.7cm高エネルギー収束火線砲
両側面に装備。他の兵装と比べると威力は低めだが連射性が高く、モビルスーツを一撃で撃墜できる。
120cm高エネルギー収束火線砲
アーム部分に装備されている高出力ビーム砲。
MA-X200ビームソード
アーム部分から出力される格闘用の武装。戦艦やコロニーすら両断できる。
60cmエリナケウス対艦ミサイル発射管
両側面に22連装の物と12連装の物をそれぞれ1基ずつ、後部に3連装の物を3基の計77門を装備。

対決・名場面編集

関連機体編集

フリーダムガンダム (ミーティア)
ナンバー01とフリーダムガンダムが合体した状態。
ジャスティスガンダム (ミーティア)
ナンバー02とジャスティスガンダムが合体した状態。
ストライクフリーダムガンダム (ミーティア)
ナンバー07とストライクフリーダムガンダムが合体した状態。
インフィニットジャスティスガンダム (ミーティア)
ナンバー08とインフィニットジャスティスガンダムが合体した状態。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL (ミーティア)
ナンバー05とガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドLが合体した状態。
イライジャ専用ザクファントム (ミーティア)
ナンバー06とイライジャ専用ザクファントムが合体した状態。
エターナル
通常時にはエターナルの艦砲として使用される。
ジンハイマニューバ
推進器の元となった機体。
リジェネレイトガンダム
本機のコンセプトを発展させた機体。
ヴェルヌ35A/MPFM 多目的飛行モジュール(ミーティア改)
バッテリー駆動の機体でも運用可能としたアームドモジュール。

商品情報編集

リンク編集