メインメニューを開く

MSJ-06II-C/B ティエレン高機動B型
(Tieren High Mobility Type-B)
編集

人類革新連盟が開発した地上用の量産型モビルスーツ
ティエレン高機動型のバリエーション機で、腰部の翼をオミットし、脚部のジェットエンジンを強化している。これにより、ホバー走行が可能となった。また、関節部には防塵処理が施されている。

本来はタクラマカン砂漠での戦闘では高機動型を登場させる予定だったが、デザイナーの寺岡氏が「作画スタッフの負担が大きすぎる」として簡略化した本機のデザインを水島監督に提出、採用されたという経緯を持つ。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
人類革新連盟がタクラマカン砂漠でのガンダム鹵獲作戦時に運用しており、長時間の戦闘で疲弊していたアレルヤ・ハプティズムガンダムキュリオスを鹵獲している。しかし、その直後にミハエル・トリニティガンダムスローネツヴァイの襲撃を受けて全機が撃墜された。
機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
地球連邦軍に所属を移行。
アレルヤ・ハプティズムが収監されていた施設の警備に数機が配備されている。
スメラギ・李・ノリエガのミッションプランで起こされた津波に呑まれて1機が施設に突っ込んでしまい、またティエリア・アーデセラヴィーガンダムの攻撃で2機が撃破されている。

装備・機能編集

武装・必殺攻撃編集

200mm×25口径長滑腔砲
本機の主兵装。腕部に装着して使用する。徹甲弾をはじめ、様々な弾頭が用意されている。本機の物には放熱板が1枚ついており、ブレイドとしても使用可能と思われる。
30mm機銃
左胸に内蔵されている。対空、対人用として使用される。
シールド
左脚に装備されている実体盾。

対決・名場面編集

関連機体編集

商品情報編集

話題まとめ編集

資料リンク編集

リンク編集