メインメニューを開く

MSJ-06II-C ティエレン高機動型(Tieren High Mobility Type)編集

人類革新連盟が開発した地上用の量産型モビルスーツ
ティエレン地上型をベースにしており、腰部に翼、脚部にジェットエンジンを装備している。
本来は「飛行型」となるはずであったが、それ程機動性が上がらなかった為に「高機動型」と名づけられた。その為、空戦は不得手である。

1話しか登場しなかったにも関わらずファン人気が高い機体だが、その複雑な翼形状故か、未だにプラモデル化されていない機体。見た目の雰囲気ほど他のティエレン系列からパーツの流用がきかない事も原因だと思われる。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
人類革新連盟領のセイロン島にてセルゲイ・スミルノフが搭乗し、刹那・F・セイエイガンダムエクシアと交戦。接近戦に持ち込み、あと一歩で頭部を破壊するところまで追い詰めるものの、GNビームサーベルによる反撃で大破した。

装備・機能編集

武装・必殺攻撃編集

200mm×25口径長滑腔砲
本機の主兵装。腕部に装着して使用する。徹甲弾をはじめ、様々な弾頭が用意されている。
12.7mm機銃
長滑腔砲に装備されている機銃。
30mm機銃
左胸に内蔵されている。対空、対人用として使用される。
カーボンブレイド
接近戦用の武装。不使用時は腰部に装着される。

対決・名場面編集

ガンダムエクシア
大型剣を装備するエクシアに果敢に接近戦を挑み、あわや頭部をもぎ取る寸前までいった。相手がフラッグなどの軽量級なら、この戦法で連勝できたに違いない。

関連機体編集

商品情報編集

話題まとめ編集

資料リンク編集

リンク編集