メインメニューを開く

概要編集

ガンダムAN-01"トリスタン"が専用の巨大アームドベースと合体した状態。ガンダム試作3号機のコンセプトを引き継いでいるが、拠点防衛ではなく拠点制圧を目的に開発されている。クレヴェナールはバーナムが秘密裏に開発した装備だが、武装や外装等の各種資材の入手経路は不明。この際、トリスタンは肩から下がアームドベースに埋没した状態となっているため、腕部は使用不能。

武装は試作3号機と同様にメガ・ビーム砲や武装コンテナが装備されているが、武装コンテナは複数の武装を内蔵されたものを3段重ねて装備し、使い切ったコンテナをパージしてその下の武装を展開する事で戦闘を継続する。また、武装には遠隔操作を前提とした物が複数装備されている。

アームドベース内部にはトリスタンのビーム・ライフルが収納されており、分離後も速やかに戦闘を行うことが可能。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダム Twilight AXIS
パイロットはクァンタン・フェルモアクシズでのサイコフレーム回収任務では試験運用だけで実戦投入を行う予定は無かったが、マスティマとの交戦を契機に実戦での使用に踏み切られ、アクシズから出撃したアハヴァ・アジールと交戦した。
漫画版では本機に代わりガンダム・トリスタン〈フェイルノート〉が登場する。小説版では機体形状が異なるような描写となっている。

装備・機能編集

特殊機能編集

分離
ガンダムAN-01"トリスタン"に分離可能。

武装・必殺攻撃編集

HSD・キャノン
機体上部に装備されたビーム砲。下記のメガ・ビーム砲と合わせてビーム砲が2門となるため、間髪入れずに強力な砲撃が可能。
メガ・ビーム砲
機体下部に装備されたビーム砲。ガンダム試作3号機のメガ・ビーム砲と形状が酷似している。
大型ビーム・サーベル
機体の左右に計2基装備されている高出力ビーム・サーベル。ユニットそのものを射出でき、有線による遠隔操作も可能。
マイクロミサイル・ポッド
機体上部左右に1基ずつ装備。撃ち終わった後はパージする事でコンテナ下の武装が露出する。
5連装ビーム・ポッド
ミサイルコンテナ分離後使用可能になる装備。機体から射出された後、拡散ビームを発射する。
大型クロー
5連装ビーム・ポッド分離後使用可能になる装備。無線コントロールによって相手に組みつく格闘戦装備。

対決・名場面編集

関連機体編集

ガンダムAN-01"トリスタン"
コアユニット。
ガンダム・トリスタン〈フェイルノート〉
トリスタンのフルアーマー形態。
ガンダム試作3号機
コンセプト元。

リンク編集