メインメニューを開く

Gサイフォス

目次

BMS-005 Gサイフォス(G-Xiphos)編集

マッドーナ工房が造り上げた宇宙海賊ビシディアンモビルスーツ。「つば付き」とも呼ばれる。カラーリングはビシディアンのチームカラーである黒。
マッドーナ工房Gバウンサーをベースとしており、頭部や肩、スカート等の形状が異なっている。また、ベース機と同様に指揮官機として運用される。
背部には同型のバインダーがそのまま採用されており、本機も機動性に主眼を置いた仕様となっているようである。
最大の違いは武装で、汎用性を度外視する事で基本攻撃力を高めている。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダムAGE ~追憶のシド~
前半の主人公機。パイロットはビシディアンの次期キャプテンを自称するウィービック・ランブロ。秘宝を探しに小惑星を探索に連邦軍のMS隊を率いるラーガン・ドレイスジェノアスⅡと交戦するもシドの横やりが入る。その後、再びラーガンのジェノアスⅡと交戦するもパイロットの実力に差があり完敗するもウィービックの信念を認められて見逃され、小惑星から離脱する際にシドに襲われ退路が絶たれていたが、ラーガンの機転と腕により無事にバロノークに帰投する。ウィービックがビシディアンを離れる際に使われる。半ばアングラッゾに見送られる形でバロノークを離れシドを追い戦艦で連邦軍のMSと遭遇し、その指揮を執っていたアセム・アスノガンダムAGE-2を遭遇し、AGE-2の高い機動力を前に背後を取られ取り押さえられてしまう。シドの介入で難を逃れアセムと共闘してシドと戦うもシドの圧倒的な力の前に窮地に立たされてしまう。シドを倒す策としてシドにゼロ距離で機体に搭載されているプラズマ融合炉を自爆させる策を実行して散った。
機動戦士ガンダムAGE UNKNOWN SOLDIERS
ウィービックが搭乗。
ヴェイガンと内通していた地球連邦軍の輸送船を襲撃した帰りにギムル・マニングGエグゼス ジャックエッジシャズーイ・ブリーズシャルドール ローグと「決闘」を行っている。

装備・機能編集

特殊機能編集

換装
マニピュレーターを換装可能。

武装・必殺攻撃編集

高出力ヒートソード
本機の主兵装で、ムクレド・マッドーナが自ら造り上げた。
刀身がレアメタルで出来ており、それを最新科学を駆使して徹底的に鍛え上げる事でビームサーベルと同等以上の破壊力を持たせている。
ちなみにこのレアメタルは小国一つの国家予算にも相当するだけの価値があると言われているらしい。
ドッズバスターH
左腕に1門内蔵されている。銃身は短め。マニピュレーターをオミットした上で装備している。
フック
ドッズバスターHの銃身下部に装着されている。

対決・名場面編集

関連機体編集

Gサイフォス[スネークソード装備型]
左腕を専用武装「スネークソード」に換装した状態。
Gバウンサー
ベース機。
Gエグゼス ジャックエッジ
シャルドール ローグ

商品情報編集

話題まとめ編集

資料リンク編集

リンク編集