メインメニューを開く
ファラオガンダムIV世
外国語表記 Pharaoh Gundam IV
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 第4回ガンダムファイト大会用モビルファイター
登録番号 GF4-001NE
頭頂高 16.6m
本体重量 7.8t
装甲材質
開発組織 ネオエジプト
所属 ネオエジプト
ガンダムファイター ダハール・ムハマンド
テンプレートを表示

概要編集

第4回ガンダムファイトのネオエジプト代表モビルファイターガンダムファイターは第3回ガンダムファイトで優勝したダハール・ムハマンドで、機体の外観は古代エジプトの王族をモチーフにしている。

第4回ガンダムファイトの決勝大会でネオチャイナフェイロンガンダムと戦うも敗れてしまい、ファイターのダハールも死亡してしまった。その後彼の偉大な功績を讃えて専用のピラミッドが建設され、機体と共に埋葬されていた。だが、第13回ガンダムファイト時にDG細胞の力で蘇った。

蘇った際には全身を包帯で巻かれたまま行動しており、再生能力を獲得していた。DG細胞の影響かは不明だが、主に中距離から戦う戦法を取っていた。

登場作品と操縦者編集

機動武闘伝Gガンダム
第10話に登場。ガンダムファイターは蘇ったダハール・ムハマンド。初めに整備中のファラオガンダムXIII世を襲いコックピットを一撃で破壊。その後フェイロンガンダムに似た姿のドラゴンガンダムを狙って戦うもコックピットを攻撃され一時撤退。後に再び戦い一時は追い詰めるが反撃され撃破される。再生して再び攻撃するが、シャイニングガンダムによって完全に破壊された。

装備・機能編集

特殊機能編集

DG細胞
この細胞に感染してファイター共々蘇った。高い再生能力を獲得している。

武装・必殺攻撃編集

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
マンバ・ウィップ
両腕部に内蔵されている鞭状の武装。先端は蛇の頭のような形状となっている。
怪光線
ツインアイから放たれるビーム。DG細胞感染時に使用した。
ビーム砲
胸部に内蔵されているビーム砲。使用する際に銃身を展開する。スペックにない武装のためDG細胞で形成した可能性もある。
包帯
埋葬時に全身に巻かれた包帯。DG細胞に感染した後はこれを自由に操り攻撃している。また、電撃を流すことも可能。
砂嵐
自機の周りに砂嵐を発生させる。

対決・名場面編集

関連機体編集

ファラオガンダムIII世
第3回ガンダムファイト大会用のネオエジプトのモビルファイターダハールはこの機体で優勝した。
ファラオガンダムXIII世
第13回ガンダムファイト大会用のネオエジプトのモビルファイター。本機がこの機体を破壊してしまった。
スフィンクスガンダム
他のネオエジプトの機体。

商品情報編集

フィギュア編集

資料リンク編集

リンク編集