メインメニューを開く

ハイパーデュートリオンエンジン(Hyper-Deuterion Engine)編集

核エンジンとデュートリオンエンジンを組み合わせた新型の動力機関。当然、核エンジンを稼働させる為にニュートロンジャマーキャンセラーも搭載されている。
これにより、以前の核エンジン搭載機以上の出力を得る事が可能となり、相互に補完する事で理論上はパワーがダウンしなくなった(核エンジンのみでも理論上パワーダウンは起きないとされるが)。

TV版「SEED DESTINY」ではオペレーション・フューリーデスティニーガンダムストライクフリーダムガンダムとの戦闘でパワーダウンを起こしている。
これは「DESTINY-I.Q.」では「まだロールアウトしたばかりで充分に実戦データの採取やそれに伴う調整が不十分な状態のデスティニーが明確な戦闘意思を持ったストライクフリーダムと本気で戦ったせいでポテンシャルを最大限に引き出してしまい、その結果どちらかのエンジンが何らかの不具合を起こして相互補完できなくなってしまったのではないか」としている。ただ、この説も(公式サイトで発表されたものとはいえ)あくまで憶測であり、後に「スペシャルエディション」でこの描写が削除されている為に「単なる設定ミス」という可能性も否定はできず、真実は不明である。

登場作品編集

搭載機編集

プロヴィデンスザク
デスティニーガンダム
レジェンドガンダム
ストライクフリーダムガンダム
インフィニットジャスティスガンダム
当初は「新型エンジン」としか表記されておらず、一部では「レーザー核融合エンジン」であるとする資料もあったが、現在はほぼ「ハイパーデュートリオンエンジン」で統一されている。

関連用語編集

話題まとめ編集

資料リンク編集

リンク編集