メインメニューを開く
ジョニー・ライデン
外国語表記 Johnny Ridden
登場作品
声優 井上和彦(ゲーム作品)
テンプレートを表示
プロフィール
異名 真紅の稲妻
種族 人間(スペースノイド
性別 男性
生年月日 宇宙世紀0056年
年齢 22歳
没年月日 宇宙世紀0080年1月25日(行方不明)
出身 サイド3
職業 MSパイロット
所属組織 ジオン公国軍
所属部隊 突撃機動軍第2方面軍特務中隊(プリムス隊) ⇒ キマイラ隊
役職 キマイラ隊第1中隊長
階級 少佐 ⇒ 終身中佐
主な搭乗機
テンプレートを表示

概要編集

ジオン公国突撃機動軍に所属するエースパイロット。真紅をパーソナルカラーとしていた事から『真紅の稲妻』の異名を取る人物(同じく赤を基調とするカラーリングのシャアと誤認される事も少なくなかった模様)。

元来の気さくな性格と卓越した操縦技術からジオン国民の間でも人気が高く、宇宙世紀のジオン軍パイロットの中では有名な人物の1人として列挙される事が多い。

登場作品と役柄編集

MSV
初出作品。宇宙世紀0056年に生まれ、22歳でジオン共和国国防軍(後のジオン軍)に志願。ルウム戦役で戦艦3隻を撃破したことから大尉に昇進。以後、真紅を基調とした搭乗機を愛用する様になる。
少佐に昇進した際に4機しか生産されていないR-2型を受領。第8パトロール艦隊のMS部隊長として多くの戦果を挙げる中、突撃機動軍付けの本国要請によりグラナダへ召喚される。そしてキシリア・ザビ直属の特別編成大隊『キマイラ隊』の一員となった。
ア・バオア・クー防衛戦においては最後の愛機となった真紅の高機動型ゲルググで参戦するも行方不明となり、最終的に終身中佐に昇進の上、軍籍から外されている。
機動戦士ガンダムF90
模型雑誌「B-CLUB」66号に、F90のコミックス発売記念として中原れい、山口宏のインタビューが掲載されており、そこでオールズモビルの首魁がジョニー・ライデンである事が語られている。ただ、漫画内でこの設定が取り扱われる事は最後までなく、以降の媒体においても、ほぼ死に設定となっている。
機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン
主人公として登場。他の媒体とは違い、反ザビ家思想を持つ人間として描かれている。
GUNDAM EVOLVE../9ガンダムMSグラフィカ
本人であるかは不明だが「ジョニー」と呼ばれる人物の存在が語られている。

人間関係編集

ジオン公国編集

キシリア・ザビ
自身の最高指揮官。作品によっては彼女に好意を抱いていることがある。
シャア・アズナブル
自身と同じく赤を基調とした機体を駆るパイロット。直接面識があったかは不明だが、自身がシャアと誤認される事も少なくなかった模様。

キマイラ隊編集

ヒュー・マルキン・ケルビン
突撃機動軍の情報統括局局長。キマイラ隊の設立をキシリアに上申した人物。
エイシア・フェロー
キマイラ隊の船医長。
トーマス・クルツ
キマイラ隊の一員。
ジェラルド・サカイ
キマイラ隊の一員。
ジャコビアス・ノード
キマイラ隊MS第一小隊の一員。狙撃を得意としており、ジョニー・ライデンの相棒的存在であった。
ユーマ・ライトニング
キマイラ隊に所属する若手パイロット。強化人間であり、青と白を基調とした高機動型ゲルググを愛機とする。
イングリッド・O
一年戦争末期にキマイラ隊に配属された少女。ユーマと同じく強化人間。
ジーメンス・ウィルヘッドエメ・ディプロム
キマイラ隊に属していたパイロット達で、ともに青、白、黒の高機動型ゲルググに搭乗していた。戦後は結婚してともにパン屋を営んでいる。
マッキ・ヴィスコンティハインケル・バッツ
キマイラ隊の一員。

地球連邦軍 / カラバ編集

ジョニー
『GUNDAM EVOLVE../9』でレッド・ゼータに搭乗予定だったパイロット。ジョニー・ライデン本人であるかは不明。同機に関する何らかの要因により、後遺症が残り搭乗をリタイア。薬物投与を余儀なくされている。なおレッド・ゼータの機体色は彼に合わせたオーダーメイドによるもの。
また、同一人物かは不明だが『ガンダムMSグラフィカ』では宇宙世紀0097年にゼータ系の機体に乗って戦う姿が描かれている。反地球連邦組織「EARM」のグスタフ・カールと交戦し、これを撃破した。この作品で彼は「赤は好みの色ではない」と述べている。

その他編集

レッド・ウェイライン
行方不明となったジョニー本人と思われる人物。本人はこれを否定している。

名台詞編集

迷台詞編集

機動戦士ガンダム ギレンの野望シリーズ 編集

ジョニー「赤い彗星のシャアだな? 俺は、あんたと機体の色が似ているせいで、良くあんたに間違えられるんだ お互い困るよな! まったくよ!」
シャア「いや、私は間違えられたことは… 一度もないが…」
ジョニー「そんなことは無いだろ!? 良く思い出してくれよ! なあ!」
シャア「すまんが… やはり、間違えられたことはないな…」
ジョニー「そ、そうか…」
マップ画面でジョニーとシャア・アズナブルが隣接した時に発生する会話。知名度に相当な自信を持っていたジョニーだったが、逆に知名度に開きができている事を知ってしまう羽目に。
ジョニー「よう!あんた白狼だろ! 噂は聞いてるぜ! お互い、有名になるのも困りもんだな!」
マツナガ「ああ、君は確か赤い彗星…」
ジョニー「ちょ、ちょっとまってくれ… 俺は、赤い彗星じゃない 真紅の稲妻だ! 知ってんだろ!」
マツナガ「おお、これは失礼した 貴公が、あの真紅の稲妻… シャア・アズナブルだったのか!」
ジョニー「もういい…」
マップ画面でジョニーとシン・マツナガが隣接した時に発生する会話。ここでもシャアとの知名度の差が出てきてしまう。さしずめ「辛苦の稲妻」といったところか。

その他 編集

連邦兵1「あの機体は!?あ…赤い彗星!」(一瞬、BGM「颯爽たるシャア」が流れる)
ジョニー「何だと…?俺は真紅の稲妻、ジョニー・ライデンだ。間違うな!」
連邦兵1「稲妻だか何だか知らんが、敵は所詮ザクだ!」
連邦兵2「赤い彗星だ!赤い彗星のシャアだ!!」
ジョニー「えぇい…俺は真紅の稲妻、ジョニー・ライデンだぁ!!」
PS2用ソフト『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』のジョニー・ライデン編ステージ3での連邦兵との会話集。会敵するや否や赤い彗星と間違えられ、さらには「颯爽たるシャア」が流れるという嫌がらせを食らうジョニー。腹いせとばかりに高機動型ザクの性能を見せ付けるのだった。
…が、クリア時のリザルト画面で「颯爽たるシャア」が流れるというオチが。

搭乗機体編集

ザクIIC型
一週間戦争ルウム戦役での搭乗機。
ザクIIF型
大尉に昇進した際に乗り換えた機体。この機体からパーソナルカラーを使用している。
ザクIIS型
R-2型に搭乗する直前まで搭乗していた機体。
ジョニー・ライデン専用高機動型ザクII
少佐に昇進した際に乗り換えた機体。
フルバレットザク
ジョニーのR-2型を改修した機体。
ジョニー・ライデン専用高機動型ゲルググ
「キマイラ隊」で搭乗する機体。一年戦争最後の搭乗機。
レッド・ゼータ
「ジョニー」と呼ばれる人物が搭乗予定だったがリタイアしている。
ギャン高機動型 (ジョニー・ライデン専用機)
ゲーム『ギレンの野望』などに登場する、ギャン高機動型のゲームオリジナル専用機。

資料リンク 編集

リンク編集