メインメニューを開く
ガンダム・キマリストルーパー
外国語表記 Gundam Kimaris Trooper
登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
デザイン 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
型式番号 ASW-G-66
全高 19.1m
本体重量 32.7t
主動力 エイハブ・リアクター×2(ツインリアクターシステム)
装甲材質 ナノラミネートアーマー
フレーム ガンダム・フレーム
原型機 ガンダム・キマリス
改修 ギャラルホルン
所属 ギャラルホルン
所有者 ボードウィン家
主なパイロット ガエリオ・ボードウィン
テンプレートを表示

目次

概要編集

ギャラルホルンモビルスーツ鉄華団との決戦に備えて換装されたガンダム・キマリスの姿で、地上での長期戦を想定している。

両肩部の装甲を小型化する一方でリアスカートが大型化され、頭頂部もブレード状に形状が変更される等、原型機からかなりデザインが変化している。武装も一新され、両腰部にはサブアームが追加された。両脚部、リアスカート、バックパックを展開して「トルーパー形態」と呼ばれる姿に変形も可能なのが最大の特徴で、地上でもキマリスが持つ高機動性を維持しつつ重力の影響を極力受けずに済むようホバーを使って浮遊移動するようになっている。これによって得た高い突進力から繰り出される正面からの強力な破壊力を有する突撃は、宇宙空間におけるキマリスのグングニールのそれに匹敵する程となった。また常時浮遊している為に結果として防御力も向上していて、敵から受けた攻撃による衝撃を無効化する。なおトルーパー装備は無重力領域でも運用が可能で、高機動運用中でも高い姿勢制御能力を得られる。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ (第一部)
第23話で初登場。パイロットはガエリオ・ボードウィン
鉄華団の追撃任務に就いたカルタ・イシューの救援に現れ、彼女のグレイズリッターを回収した後に撤退している。

装備・機能編集

特殊機能編集

サブアーム
サイドスカートに装備している。各武装を持たせて使用する事が可能。
変形
トルーパー形態に変形可能。

武装・必殺攻撃編集

デストロイヤー・ランス
本機の主兵装となる大型の槍で、姿勢制御用スラスターが内蔵されている。キマリスのグングニールと同様、自身が持つ高い機動力を活かした突撃により敵機を破壊する。それでなくても質量武器として殴ったり、薙ぎ払ったりする攻撃も有効。
140mm機銃
デストロイヤー・ランスに2門内蔵されている。遠距離攻撃に使用可能。
キマリスシールド
実体式の盾。主にマニピュレーターで保持する形で装備されるが、前腕部に直接マウントする事も出来る。
キマリスサーベル
キマリスシールドの裏面に1本マウントされている実体剣。予備兵装と思われる。
機雷
リアスカートに搭載されており、状況に応じて炸薬やスモーク、ナパームといった弾種を装填する。主に拠点制圧や対モビルワーカー戦闘用として使われるが、対MS戦闘でも撹乱に利用できる。

対決・名場面編集

グリムゲルデ
エドモントンへと向かおうとする鉄華団を追撃するため、バルバトスを追撃するガエリオ。その射線上に割って入る様に現れたのは、仮面の男の駆るグリムゲルデだった。
戦闘態勢を解かないキマリストルーパーに向けて、仮面を脱いだ男は容赦なく襲い掛かる……

関連機体編集

ガンダム・キマリス
原型機。
ガンダム・ヴィダール
第二期に登場するガンダム・フレーム。キマリスをアリアンロッドの手で偽装した姿であり、従来のキマリスと同じく突撃による戦術に特化している。
ガンダム・バエルガンダム・バルバトスガンダム・グシオンガンダム・フラウロスガンダム・アスタロトガンダム・ウヴァルガンダム・グレモリーガンダム・ダンタリオン
ガンダム・フレームを採用した機体。
ガンダム・キマリスヴィダール
ガンダム・ヴィダールとして偽装していたキマリスの装甲を換装した決戦形態。

商品情報編集

資料リンク編集

リンク編集