メインメニューを開く

概要 編集

ザフト軍が前大戦終結後に開発した量産型モビルスーツ

ザウートの後継機で、キャノン砲をビーム砲に変更、対艦ミサイルの装備など火力が大幅に強化されている。タンク形態への変形機構も引き続き搭載。地上での運用は元より、宇宙空間での運用も可能となっている。

登場作品と操縦者編集

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
初登場作品。第1話のアーモリーワンでのガンダム強奪事件などで投入された他、宇宙でゴンドワナの砲台としても運用されるなど、地上宇宙問わず運用される様子が多く見られた。ただ前作でやられ役だったザウートと同様、登場しては一方的に撃墜される憂き目に遭っている。

装備・機能編集

特殊機能編集

変形
タンク形態に変形する。

武装・必殺攻撃編集

フルカ2連装ビーム砲
2連キャノン砲の代わりに背部に2基装備されているビーム砲。本機の主兵装である。
MMI-M19 14mm2連装近接防御機関砲
胸部に2門内蔵されている。
MMI-M70 トリウィム3連装軽砲
マニピュレーターを外して装備された実弾兵器。
ファルコーネSSM 地対地・対艦ミサイル
両腕に2基ずつ装備された武装。

対決・名場面編集

関連機体編集

ザウート
前世代機。

商品情報編集

リンク編集