メインメニューを開く

カツ・コバヤシ(Katsu Kobayashi)編集

一年戦争時、サイド7で孤児となり、ホワイトベースに乗り込む事になった3人組の一人。旧名は「カツ・ハウィン」。
一年戦争後、ハヤト・コバヤシフラウ・ボウに引き取られてコバヤシ姓を名乗る事になり、グリプス戦役中にはエゥーゴに所属し、アーガマラーディッシュを転々とする。

登場作品と役柄編集

機動戦士ガンダム
レツ、キッカとともにホワイトベースに避難し、その後も問題を起こしたり役にたったり、結局終結まで乗り続けた。一度ジャブローの保育施設に預けられるも、脱走し、かつジオン兵が連邦のMS工場に設置した爆弾を取り除くという偉業を成し遂げた。最終決戦を終え脱出しようとするアムロをニュータイプの感性で導き、無事再会を果たした。
機動戦士Ζガンダム
母達とアムロの元を訪れ、そこで幽閉されて骨抜きになったアムロをなじっている。
その後、エゥーゴに参加するが、命令違反や無断出撃、上官への反抗的な態度、果てはサラ・ザビアロフに騙されて取り逃がしてしまうなど、問題行動がかなり目立った。その一方で窮地に陥ったカミーユを救う等の功績も残している。
ヤザン・ゲーブルとの戦闘で戦死するが、カミーユとシロッコの最後の戦いではカミーユに力を貸し、あくまでシロッコを庇おうとするサラを説得した。
機動戦士Ζガンダム A New Translation
機動戦士ガンダムΖΖ
ジュドーとハマーンの最終決戦において、カミーユやフォウ達と共にジュドーを手助けした。

人間関係編集

ハヤト・コバヤシ
後に義理の父になる。
フラウ・ボウ(フラウ・コバヤシ)
一年戦争時はよく面倒を見てもらっていた。後に義理の母になる。
レツ・コ・ファン(レツ・コバヤシ
キッカ・キタモト(キッカ・コバヤシ
ホワイトベース乗艦後はよく一緒に行動していた。後に義理の弟、妹になる。
アムロ・レイ
一年戦争時代からの付き合い。尊敬していたようだが、グリプス戦役時に幽閉されて骨抜きになってしまった彼を見て一旦は幻滅してしまう。一方、カツのおかげでアムロは戦線に復帰する事ができた。
カミーユ・ビダン
カツの独断行動に対して銃を向けることもあったが、カツに助けられる場面もある。
クワトロ・バジーナシャア・アズナブル
ブライト・ノア
ホワイトベース、アーガマの艦長。
劇場版での彼曰く「面倒を見ようにも、どうしても情が絡んでしまう」らしい。
サラ・ザビアロフ
アーガマに投降してきた彼女に出会い、惹かれる。
シロッコを狙った一撃を彼女が庇って受けてしまい、図らずも自らの手で殺してしまう事に。
パプテマス・シロッコ
ハマーン・カーン
サラを死なせる事になった元凶として付け狙う。
ヤザン・ゲーブル

名台詞編集

共通編集

「僕らにとって…いえ、母にとってはアムロさんはヒーローだったんです。そんなことを言わずに、『地下にモビルスーツが隠してある』とくらい言ってください!」
アムロをエゥーゴに参加するように説得した時の台詞。
「人間って、そんなに信じられないのか…」
サラに騙されて逃がしてしまい、罰として独房に入れられた時の台詞。カミーユによると、これがきっかけで人間不信に陥ってしまったという。
「サ…サラ…また、君に会えるんだね…」
死ぬ直前の台詞。

TV版編集

「現実の生き死にこだわるから、一つの事にこだわるんだ!」
カミーユとシロッコの最終決戦時に意識として現れた際に放った台詞。
「あそこにいる人だって、すぐこうして解け合えるんだ」
カミーユからシロッコを庇おうとするサラを説得した際の台詞。ちなみに「あそこにいる人」はシロッコの事。

劇場版編集

「僕も手伝わせてもらいますよ!」
カミーユとシロッコの最終決戦時に意識として現れた際に放った台詞。
「あそこにいる人は独りだ。今のサラだって受け入れようとしない」
カミーユからシロッコを庇おうとするサラを説得した際の台詞。ちなみに「あそこにいる人」はシロッコの事。

搭乗機体・関連機体編集

Gディフェンサー
ネモ
TV版にて、サイド2への毒ガス攻撃を阻止する為に出撃している。
メタス
TV版で搭乗。ゼダンの門での戦闘の際に出撃した。
ガンダムMk-II
TV版で搭乗し、無断出撃している。

商品情報編集

話題まとめ編集

資料リンク編集

リンク編集