メインメニューを開く
アラハス
外国語表記 ARAHAS
登場作品 ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム
デザイナー うしだゆうじ(作画)
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙巡洋艦(開発情報収集艦)
艦級 サラミス改級
カタパルト数 1(艦前方カタパルト×1、MSデッキ側面ハッチ×2)
所属 地球連邦軍(MSデッキのハッチ部分に「U.A.S.F」の記載あり)
艦長 オッド・フェルド
主な搭乗員
テンプレートを表示

概要編集

ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』に登場する、サラミス改級の改修艦。開発情報収集艦であり、艦内でMSの開発・改造、その運用情報の収集等が行われている事から、実質、ファクトリーベースと呼べる艦となっている。

原型艦では艦前面にMSデッキが設けられていたが、本艦では船体の前半分が丸ごとMSデッキに置き換えられており、それに伴い、カタパルトが開放型から密閉型に変更されている。これによる火力の低下を抑えるためか、艦上部の2連装機銃が2連装主砲に換装されている。

宇宙世紀0090年には、コロニー公社の下請け会社であるモノトーン・マウス社(以下、モノトーン社)の護衛および作業の支援を受け持ち、同社の移動拠点としても機能した。また、その際のカラードとの戦闘では、モノトーン社と協力して抗戦。同社所有のDガンダムの改修も積極的に行っている。

登場作品と操縦者編集

ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム
序盤から登場。護衛艦であるアルテミスと共にコロニー・テキサスを訪れるが、同コロニーをアジトにしていたカラードの襲撃を受ける。合流したモノトーン・マウス社と協力して撃退し、サイド2へ寄航したアラハスは、再び襲ってきたカラードを再度撃退し、新たな護衛艦と合流すべく出航した。途中、ネオ・ジオンのコロニー落としに異を唱える一部のカラードメンバーと共闘関係を結んだアラハスはネオ・ジオン軍と戦闘。その際にドーガのピクセルビットの一斉射を受け轟沈するも、オペレーターのイベラ・ツギムが直前に察知していたため、乗組員の大半は脱出できたようだ。

装備・機能編集

武装・必殺攻撃編集

2連装主砲
左右両舷に1基ずつ敷設。艦上部にも1基増設されている。
単装副砲
艦後方に数基敷設。
2連装機銃
MSデッキの敷設に伴い、艦上部の2基が2連装主砲1基に換装されている。
機銃
左右両舷などに敷設。

主な搭乗員 編集

主な艦載機 編集

アラハス側の機体 編集

モノトーン・マウス社側の機体 編集

対決・名場面編集

関連機体編集

サラミス改級
原型艦。
アラハスII
カラードとの一連の戦いの後、連邦軍とアナハイム・エレクトロニクス社により再建されたアラハス。ただ、前乗組員の大半が辞職してしまったため、モノトーン・マウス社が買い取った。『ダブルフェイク』のエピローグでその存在が語られている。

商品情報編集

書籍編集

※メディアワークス版

リンク編集