メインメニューを開く

概要 編集

ネオジャパンガンダムファイター。コロニー格闘技の覇者にして『キング・オブ・ハート』の称号を持つ。

10歳の頃から東方不敗マスター・アジアに師事して流派東方不敗を学んでおり、素手で銃弾を受け止めることも出来る。無愛想で近寄りがたい雰囲気を漂わせているが、その心に強さと優しさを併せ持つ熱い男である。あまり物事を深く考えるタイプではなく「分かり合うには言葉で取り繕うより戦ったほうが手っ取り早い」という考えを持ち、かなり無鉄砲ではあるが作中ではそうして多くの友を得ていった。ある意味ではガンダムシリーズの「分かり合う人類」の表現者でもある。

10年間の修行を終え自宅に戻った時、母は他界、兄・キョウジはデビルガンダムを奪って逃走、父は責任を問われ冷凍刑になっていた。父の汚名を晴らすために、ネオジャパン代表のガンダムファイターになり、地上へ逃亡したデビルガンダムを追って大会に参加した。ガンダムファイトの戦いの中で、仲間と出会い、友情を育みながら成長してゆく。また、大会中の修行で明鏡止水の境地を会得し、第13回大会の優勝者となった。

デビルガンダムを巡る陰謀に巻き込まれたことで、ウルベ少佐やミカムラ博士によって「デビルガンダムとキョウジ・カッシュを憎む」という記憶の刷り込み(洗脳)まで受けている。 あまりにも大きな使命を背負わされたため、必要以上に他人との接触を避けるようになってしまっているが、本当は素直でやさしい性格をしている。そのため、師匠のマスターアジアからは「大切な時に必要なことを見失う」「決断の遅い愚図」と言われてしまっている。このやさしさと弱さの紙一重の部分は、激闘を繰り返し、友人や兄を失っていくことで乗り越え、強く成長してゆく。

多くのものを失い、傷つきながらも戦うという意味では、ガンダムシリーズの例にもれず正統派主人公となっている。

デビルガンダムとの最終決戦で、レインに愛を告白し、レインと共にデビルガンダムを完全撃破した。

登場作品と役柄編集

機動武闘伝Gガンダム
初登場作品。同作の主人公を務め、兄の行方を追う中で各国のガンダムファイターと拳を交わし、時には敵として、時には仲間として数々の名勝負を生みだした。途中、師匠である東方不敗の裏切りという辛い現実に直面するも、仲間の支えや明鏡止水の会得などによりファイターとしても人間としても大きく成長。最後は人類の存亡をかけたデビルガンダムとの最終決戦に勝利し、仲間達や愛するレインと共に大団円を迎える事ができた。

人間関係編集

家族 編集

キョウジ・カッシュ
実の兄。アルティメットガンダムを奪い家族を不幸な目に会わせた事から、復讐のためにその行方を追う。しかし、後になって衝撃の事実を知らされる事となる。
ライゾウ・カッシュ
父親。冷凍刑にさせられるが、後に解放されて対デビルガンダム戦でドモンにアドバイスをした。
ミキノ・カッシュ
今は亡き母。グランドマスターガンダムの前に屈しかけたドモンの前に東方不敗達と共に幻影として現れ、ドモンを勇気付けた。

仲間・ライバル達 編集

レイン・ミカムラ
幼馴染みで、ガンダムファイト時の補佐パートナー。不器用なドモンに対し献身的なサポートを直向に続け、遂にはドモンとの愛を射止めた。
東方不敗
師匠。後にデビルガンダムの手先と分かると袂を分けるが、内心は信頼関係を気にしていた。
チボデー・クロケット
ネオアメリカのガンダムファイターで新生シャッフル同盟の一人。ドモンの2回目の対戦相手であり、拳を交えた対決で互いに良きライバル関係となる。決勝大会におけるシャッフル同盟との連戦が決まると、ドモンに今のシャッフル同盟の気持ち「決着」を代弁した。
サイ・サイシー
ネオチャイナのガンダムファイターで新生シャッフル同盟の一人。夜盗にドラゴンガンダムを奪われていた所に出くわし、以降、ドモンの事を「アニキ」と慕うようになる。決勝大会におけるシャッフル同盟同士の対決ではガンダムファイトでドモンを一番追い詰めた。
ジョルジュ・ド・サンド
ネオフランスのガンダムファイターで新生シャッフル同盟の一人。パリでのガンダムファイトでドモンと激闘を繰り広げた末、彼の武士道を重んじる姿勢に感心する。ドモンとは常に協調関係を築いていて、お互い助け合うこともあった。
アルゴ・ガルスキー
ネオロシアのガンダムファイターで新生シャッフル同盟の一人。刑務所から脱走したドモンとガンダムファイトを行い、激闘の末、ガンダムファイトで戦う楽しさを見つけた。
シュバルツ・ブルーダー
ネオドイツの謎の覆面ファイター。東方不敗に追い詰められ危機に陥ったドモンの前に突如現れて以降、他国の代表でありながら、ドモンに対し厳しくも真摯に稽古やアドバイスを行った。その正体はドモンに驚きと悲しみをもたらす事になった。
アレンビー・ビアズリー
ネオスウェーデンのガンダムファイター。ドモンと格闘ゲームで争った事を切欠に互いの腕を認め合う関係となり、やがてドモンに恋心を懐くようになる。
風雲再起
東方不敗が連れ添った愛馬。東方不敗亡き後は、その愛馬をドモンが受け継いだ。

ネオジャパン 編集

ウルベ・イシカワ
ネオジャパン軍に所属する軍人で、ドモン達のサポートを務める。しかし、その裏には恐るべき陰謀が隠されていた。
ミカムラ博士
レインの父親でカッシュ家と親交があった人物。デビルガンダム事件に大きく関わっている人物であり、ウルベ達と共にドモン達をサポートする。
カラト
ネオジャパンのガンダムファイト委員長で、ネオジャパンの首相への就任を予定している。ドモン達に対し高圧的に接するものの、デビルガンダムとの最終決戦において市民の避難を優先して行う姿にドモンは「いい首相になれるかもしれない」と賞賛した。

名台詞編集

機動武闘伝Gガンダム 編集

「この男を知っているか?」
本編の序盤、兄キョウジの写真を見せて尋ねる際に。
「出ろぉぉぉ!ガンダァァァム!」
「○○○ガンダァァァム!」の○の所は「シャイニング」、後に「ゴッド」に変わった。基本的に神出鬼没でどこからでもどこへでも現れるが、落盤で地下に閉じ込められた時には東方不敗から「こんなところでガンダムを出せば我らも下敷きぞ」と叱られていた。
「俺のこの手が光って唸る!お前を倒せと輝き叫ぶ!」
必殺シャイニングフィンガーの前口上。初使用は第3話のドラゴンガンダム戦で技の最中だった。それ以降は前口上として定着している。
「ガンダムファイト国際条約第1条!頭部を破壊された者は失格となる!」
第1話より。ミケロ・チャリオットネロスガンダムにシャイニングフィンガーが決まった瞬間に叫んだ。視聴者がガンダムファイト国際条約についてわかりやすく学べる場面である。
「この程度の滝に勝てないようでは、とても師匠の力には……くそぉ!」
18話より。打倒デビルガンダムのためにギアナ高地で修行をやり直すことを決意したドモンだったが、いまだその迷いは晴れることなくもがき続けていた。そこで激流の滝に飛び込み自らを追い詰めていくが……滝との勝敗とは一体……?これにレインは「あんなことで本当に修行になるのかしら」ともっともな疑問を口にしている。
「俺のこの手が真っ赤に燃える!勝利をつかめと轟き叫ぶ!」
爆熱ゴッドフィンガーの前口上。場面によっては様々なアレンジが加えられている。
「嫌だ!僕にはできない!!」
デビルガンダムを追い詰め、シュバルツに「コックピットごと吹きとばせ」と求められた際に。これまで「俺」が一人称だったが、本当の彼の一面が見えた。
「人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られて地獄へ落ちろ!」
レインの元へ向う時に邪魔をしたウォン・ユンファに言った言葉。そしてウォンはその言葉通りの最期を迎える。
「うるさい!このまま黙ってレインを返せば良し。さもなくば……」
「……死んでもらう……!!」
49話「地球SOS!出撃ガンダム連合」より。ついに怨敵ウルベ・イシカワの元へたどり着いたドモン達新生シャッフル連合。ウルベはまずは様式に則って彼らに祝辞を述べるが、それを遮って。挑発するかのように「さもなくば?」と聞き返され後半へ続く。実はこのセリフ、これまでほぼすべての会話では「倒す」「決着をつける」という表現に終始しており、徹底してこうした強い言葉を使ってこなかった。それがためにここでの明確な敵意の込められた一言の重さがある。
「おまえが好きだぁぁあ、おまえが欲しいぃぃぃ、レイィィィン!」
ドモン一世一代の愛の告白。

SDガンダム GGENERATIONシリーズ編集

ギンガナム「ははは、なるほど!シャイニング・フィンガーとはこういうものか!」
ドモン「シャイニング・フィンガーだと!?……ふざけるな!!そんな魂のこもらぬ攻撃がシャイニングフィンガーであるはずがない!!」
ギンガナム「ほう、面白い!では、貴様もシャイニング・フィンガーを使うということか!」
ドモン「貴様のそれはシャイニング・フィンガーなどでは決してない!見せてやるぞ、貴様に!本当のシャイニング・フィンガーを!!」
『DS』のセッション 15bでターンXが溶断破砕マニピュレーターを使用した際に発生する会話イベント。いかに強大な威力を持つ溶断破砕マニピュレーターといえど、本家から見ればシャイニング・フィンガーの名を騙るただの兵器。魂の一撃である本当のシャイニング・フィンガーを見せるべく、ドモンはギンガナムに挑む。
ギンガナム「ははははっ!来たかよ、ドモン・カッシュ!!貴様の言う本当のシャイニング・フィンガーとやら、見せてもらうぞ!!」
ドモン「そんな魂のこもらぬ攻撃などっ!!」
ギンガナム「……なにっ!?」
ドモン「今度はこちらの番だ!!見せてやるぞ!貴様にシャイニング・フィンガーを……いや!!シャイニング・フィンガーをも超えた真の力というものを!!俺のこの手が真っ赤に燃えるっ!勝利をつかめと轟き叫ぶ!ばぁぁぁく熱っ!ゴッド!フィンガぁぁーーッ!!ヒィィィィトエンドぉっ!!」
ギンガナム「ぬぉっっ!タ、ターンXにこれほどのダメージを与えるとは貴様……」
ドモン「貴様のシャイニング・フィンガーはただのまがい物にすぎん……わかったか、ギム・ギンガナム!?これが魂の拳というものだ!」
ギンガナム「お、おのれ……!!」
上記の会話イベント後にドモンのゴッドガンダムがターンXと交戦する事で戦闘デモ「フィンガー対決」が発生。ターンXの一撃はゴッドガンダムにたったの10ダメージしか与える事ができず、逆にゴッドガンダムの一撃はターンXのHPを半分にまで減らした。本家としての貫禄を遺憾なく見せ付けた名勝負である。

その他 編集

「ガンダムファイト第13回大会から、今日で26年目。そこのお前!ずっと応援してくれてありがとうな。俺か?俺は相変わらずさ。だが地球は未曾有の大ピンチだ。しかし!この魂の炎!極限まで高めれば!倒せないものなどぉぉぉぉぉ!無い!!俺のこの拳もしっかり洗ってぇ!希望の未来へ!レディィィィ!ゴォォォォォッ!!」
『Gガン』放送開始から26周年を迎える2020年4月22日にドモン役の関智一氏がTwitter上に公開した応援メッセージ[1]。ドモンになりきっての生ボイス動画であり、当時、世界中が新型コロナウイルスの蔓延で混乱する中、手洗いの推奨と励ましの言葉を熱く叫んでいる。

迷台詞編集

「フン、映画だろうが何だろうが、この俺の…キング・オブ・ハートの名に賭けて、必ず勝ち抜いてみせる!」
ドラマCD『新香港的武闘戯曲』収録の『世界高達骨牌拳』より、何者から送りつけられてきた映画への招待状を見た際に。招待状を挑戦状と勘違いしたまま、ゴッドガンダムを呼び出し、仲間を置き去りに1人映画館へ向かうドモンなのであった[2]
「母は撃たれてぇ~父は冷凍刑ぇ~…錆びた刀で木を斬れとぉ~……」
同上。挿入歌『ステ犬のブルース』に聴き入るあまりすっかりブルーになり、ついには歌い出してしまった。
「俺も、シュバルツには覚えがある。あれは…俺の兄さん」
一同「兄さん!?」
「キョウジ・カッシュ!」
一同「えぇ~っ!?」
「…の双子の兄キョウイチ・カッシュだぁ!」
同上。シュバルツの正体についてレイン達と考察している最中に。直後にシュバルツからツッコミを食らった。なお、ドラマCDの発売は、テレビ本編でシュバルツの正体が明らかになる前である。
「ドモンパーンチッ!」
同上。映画の鑑賞後、映画館で東方不敗と殴り合いに発展した際に。いくらなんでも安直すぎる名前である。

搭乗機体・関連機体編集

シャイニングガンダム
前期の搭乗機。
ゴッドガンダム
後期の搭乗機。

商品情報編集

フィギュア 編集

資料リンク編集

リンク編集

脚注編集

  1. 関智一氏のツイート
  2. 到着時の会話からすると、映画館自体知らなかった様子。