メインメニューを開く

RX-77-3 ガンキャノン重装型(Guncannon Heavy Custom)編集

概要編集

基本構造はそのままに装甲を中心として強化されたガンキャノンジム・キャノンの開発過程で生まれた機体と言われている。生産性を高めるためにコアブロックシステムはオミットされている。しかし、生産コストの高騰や戦争の早期終結により数機生産されるに止まった。この機体のデータはジム・キャノンIIの開発に使われたと言われている。

登場作品と操縦者編集

MSV
出典元。
機動戦士Ζガンダム
第12話でジャブロー防衛部隊として登場している。

装備・機能編集

武装・必殺攻撃編集

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている。
ビーム・ライフル
遠距離用のセンサーデバイスを搭載したタイプ。
BR-S-85-C2 ビーム・ライフル
ジムIIが使用している物と同型。『Ζ』に登場した機体が装備している。
240mmキャノン砲
本機のメインウェポン。砲身が短いため、ガンタンクに比べて最大射程や射角は短くなったものの、ザクIIの装甲を貫通する威力を持つ。ガンキャノンの物よりも連射性能が強化されており、2倍の発射速度を実現している。
ビーム・キャノン
ガンキャノンIIと同型の装備。両肩のキャノン砲を換装して装備する。右側がビーム・キャノンとなり、左側が多目的精密照準システムとなっている。
ファイア・ナッツ
左サイドアーマーに装着されている手投げ弾。マガジン装填型であるため、複数個を携行する事ができる。

対決・名場面編集

機動戦士Ζガンダム編集

ネモ
第12話より。ジャブロー内に進入したネモの1機に対し、洞窟の天井からドロップキックを食らわせ戦闘不能にするという、一瞬でありながら豪快な戦法を見る事ができるシーン。

関連機体編集

ガンキャノン
原型機。

商品情報編集

リンク編集